背景画の描き方に関する本を読んだので

ちょいちょい本を買って読んでるんですが、感想記事を全然書いてなかったことに気付いたので直近のものから消化していこうと思います。まずは背景の本。絵描いてて背景どうしたらいいか全然分かんねぇ!ってなったので買いました。
最近ようやく絵の取り組み方が少しマシになって、分からないことにぶち当たったら資料なり本なりを探して解決策を探す意識を持てるようになりました。むしろ今までが適当すぎた…

背景に関する本は有り難いことに色々出ていますが、キャラの後ろに添える背景で悩んでいた私にとって、一番目的に近そうだったこの本を選びました。
内容は背景の基本的なこと(パースとか構図とか陰影とか)、背景画の添削事例、キャラに合わせた背景のメイキングや写真からの描き起こし、最後に仕事として背景を描く際の制作過程など。
画像の割合が多いため読み進めやすく、反面ボリュームはそこまで多くないです。基本読むのが遅い私でも1日で読み終わりました。

良かった点は背景の基本が分かりやすく説明されていること、また実際に背景を描く際に使用する様々なアプローチが載っていたことでしょうか。「既に描かれているキャラクターからパースや実寸を取り出す」「構図を斜めに切ることで人物を大きく描写できる」といったキャラクターに関する話も入っていますが、タイトルにするほどガッツリ載ってる訳ではないです。あくまで背景メインの本と考えた方がいいかもしれません。

個人的に印象に残ったのが添削の部分で、一見問題のない背景も各部の質感や光の表現を見直すことでより精細で説得力のある絵に仕上がっていました。
結局の所、絵がパッとしない、ぼやけてしまうのは描いてる側の認識があやふやだから発生することで、実物観察や資料参照の重要性を再認識することが出来ました。

総評として、これから背景やるぜ!という人にも、背景描いてるけどうまくいかんぜ!という人にも読みやすい一冊だと思いました。
一つ注意点を挙げるとすれば、作業においてPhotoshopとClip Studio Paintを併用し、それぞれ片方にしかない機能を利用している点です。まぁ大体の機能は共通していますし、一から十までなぞるタイプの本でもないので影響は小さいです。このどちらかのソフトを使っている方ならたぶん大丈夫。

さて、この本を読み終えてさあ背景を描こうかと思いましたが、案の定、描こうとしている背景(部屋)に関する知識がびっくりする程ありませんでした。
という訳で、現在は家具や内装の資料を探しております。Kindle対応版が少ねぇ…

そんな流行に俺が釣られウマーッ!

はい。数日前に始めてしまいました。ウマ娘のあれ。
いやね…最近遊ぶゲームがなくて退屈していて、そこになんか皆すごく楽しそうにウマ娘の話をするじゃないですか。普段は「流行ってるから」という理由だけでは手を出さない腰の重い私ですが、今回は気になってしまって。

とはいえ「アニメは気になってたけど結局まだ見てない」「競馬は特に興味ない」「歌と踊りにも興味はない」「ソシャゲはお金や時間を吸われるのであまり近寄りたくない」と他に遊ぶ理由がなくて結構迷いました。結局、グラフィックを筆頭にゲーム全体の完成度がすごく高いという評判が最後のひと押しに。

という訳でチュートリアルをプレイして、オープニングを見て、キャラごとにSDモデルまで用意してあるのすげーってなって、ライブのエフェクトとか演出とか気合い入ってんなーってなって。そんでリセマラして、育成を3人完了する所までやりました。
リセマラは60連でSSRが6枚来たので最終的にこれで遊んでいます。評価が高くないSSRが2枚被ったのと、またリセマラ数回目だったこともあってその後もしばらくはリセマラしてましたが。単純に無心でガチャするのが楽しいみたいな所ある。

育成では最初にサクラバクシンオーを育てました。
何も分からないので適当に選んだのですが、非常に素直で快活でアホかわいい学級委員長で、さらに育成上のレースでとても勝ちやすいキャラだったようで、初回でURA優勝までいってしまい物凄く情が移ってしまうという…バクシンが頭から離れないという…そんな訳で冒頭の画像は育成中の好きだったシーン諸々です。SDキャラのひらめきモーションがかわいい。

システム的な話をすると、まぁ、大体パワのプロのアプリのアレです。「特定のキャラを選んで育成する」という前提からくる違いはありますが、確率でサボりぐせや不眠症がつくところまで同じ。そこは別に真似しなくてもよくない…?
なので目新しさはありませんが面白さはそこそこ。一回の育成に掛かる時間が結構長く、またキャラごとにしっかりストーリーが用意されているのもあって愛着はかなり湧きやすいと思います。

個人的に良かったのがグラフィックとキャラクター関連ですね。
モデルとその描画クオリティが高いのもそうですが、他にもキャラごとにSDモデルやアイコン等が用意されていて、その上モーションやセリフも非常に豊富で、キャラ一体あたりのコンテンツ量が相当なものでした。ガチャに対して渋い顔をする私でも、これだけのコンテンツを用意されたら多少は稼ぎに来られても仕方ないね…ってなるくらいにはすごい。

そんな感じでウマ娘、レースも育成も結構な時間をもっていかれるのでどこまで続けられるかは未知数ですが、しばらくは楽しく遊べそうです。デイリークエストで1体育成とかは絶対どこかで投げるだろうけど…!
あとソシャゲは収益の都合上どんどんキャラ増やしてインフレさせて…ってなるのが常ですが、カードゲーム等と違い気軽にキャラを増やせないこのゲームでその辺りをどう舵取りするのかも気になりますね。

今後はひとまず攻略等をあまり見ずに、ストーリーを見ながら気楽に育成をしていくつもりです。真剣に育成し始めると選択肢とか自由に選べなくなるからね…好きなように遊べる初心者の時間も大切にしたい。
とりあえず早急に5レース分のキャラを育成して、その後に気が向いたらアニメの方も見てみようと思います。今はゲームだけで手一杯なので落ち着いてからでないと見る時間がない…!

ヘールテイク!ヘールテイク!

たまには未プレイのゲームを遊んで脳に刺激を…ということでHelltakerを遊びました。
遊んだのが2月の下旬頃ということで、旧正月セールもとっくに終わっており…さてどうしようか通常価格で何か買ってしまおうかと悩んでいたのですが、前から興味あったHelltaker、なんと無料でした。ありがたい…!
クリアまでそう掛からないという話だったので気軽にダウンロードして遊んだ次第です。

ゲームは行動回数に制限付きの倉庫番で、岩を押したり敵を倒したりしながらゴールを目指すというシステムです。
ゴールには基本的に悪魔系女子がいて、到着すると唐突にギャルゲーパートが入ります。なお二者択一を外すと死ぬ。流石地獄だぜ!何回か外してざっくりいかれましたが、まぁパズルをやり直すだけなのでそこまで手間じゃないです。なんならパズルはスキップ機能あるしね。

そしてヒント機能は仲間にした悪魔系女子達がなんやかんや会話してくれます。ヒントとは名ばかりのお喋り機能です。ヒントには頼らん!と硬派気取って進めていましたが、途中でこのシステムに気付いて最初から見返しました。
因みに私が一番好きなのは上記画像のモデウスちゃんです。あと天使のアザゼルさんも。

パズルの難易度は丁度いいくらいで、終盤はちょっと考えましたが概ねサクサク進行しました。むしろ最後のアクションパートの方がちょっと苦労したくらい。因みにそちらはスキップ不可なので頑張りましょう。
プレイ時間は全実績解除含めて90分、攻略は手に入れた暗号の使い道が分からずそこだけ調べましたが、鋭い人はなくても分かるはず…
という訳でHelltaker、さくっと遊べて悪魔的ハーレムを築けちゃう素晴らしいゲームでした。

(そういやネクロダンサー途中で積んでたわぁ…)

私にぼっちが舞い降りた!

わたてん&ぼーっち!
ぼっちに関しては結構前の発売で、本当はハクメイとミコチの新刊の時に一緒に感想を書く予定でした。が、そっちは一冊だけでそこそこの感想になってしまったので後回しになってしまいました。中身を殆ど公式の無料公開分で読んじゃって新鮮な感想を書きづらかったというのもあります。期間限定とはいえ無料で本編を読めるのは素晴らしい時代ですね。なんて良い時代…!オマケなどもあるので勿論単行本も買う訳ですが、それでも待つ期間が短くて済むのはとても有り難いことです。

ともあれぼっち7巻。
薄々分かってはいたけれど次巻で最終回…寂しい…!あと10話くらいは残っていると思うので、駆け足にならなさそうなのは嬉しいけれど。思えば電子書籍で漫画を買い始めてから完結するのはこの作品が初めてです。
今巻は86話のアルちゃん&佳子ちゃんの話やポセイドン面接の話とかが好きでした。アルちゃん以前から好きでしたが、ここ最近は特に株が上がりっぱなしな気がします。流石は世界の副委員長…!

という訳で残す所あと一人になったぼっち生活。
「これ友人全員とパンケーキを食べに行ってるなら山田さんハブられてぼっちなのでは…?と」内心焦りつつ、次巻を待ちたいと思います。

そしてわたてん9巻。
今回も特装版が出ていますが電子書籍勢なのであまり関係なく…むしろ大事なのはアレです、アニメ新作は劇場版だったという話ですね。OVAかアニメかなーと思っていたので映画が来るとは思っていませんでした。なんにしてもめでてぇ…!
とはいえ私はみゃー姉よろしく、映画館での待ち時間は結構気分が悪くなったりするので(映画が始まったら大抵気にならない)ウェブ配信待ちになりそう…収益に貢献したいという気持ちはあるけども!次のアニメ化に繋がるかもしれないし!

まぁ劇場版の話は続報を待つとして、今巻では作中で1年が経過したということで、ちょっとした区切りの話もありました。アニメ10話を思い出しますね。
今回は松本さんの登場は1話のみでしたが、ゆうちゃんが姉をしっかり変な人と認識していたのが面白かったです。それに対する松本さんの返しも含めて。あと好きだったのは親世代の話など。本編もですが巻末おまけの白く!輝く!奇跡の!花!の再来には笑いました。

そんな感じであっさりですがわたてん&ぼっちの感想記事でした。年明けから好きな漫画が途切れない頻度で発売されていて嬉しいな!

久々のNintendo Direct

来たぞー!

割と直前に告知があった久しぶりのNintendo Direct。
最近は起床時刻が7時を超えてしまうことがあるので、昨晩は絶対に起きるぞと言い聞かせて眠りにつきました。後からでも見れるとはいえ、こういうのはリアルタイムで楽しみたい。Twitterのトレンドとかでネタバレ食らったりしますし。
因みに今朝は4時半に目が覚めて6時までずっと布団でソワソワしていました。もうちょっと丁度よく起きたかった…!

ともあれNintendo Direct、一番インパクトが大きかったのはやはりラストを飾ったSplatoon 3ではないでしょうか。
アプデが終了して落ち着いたとはいえスプラ2もまだまだ健在ですから、Switchで3は出ないかも…と思っていました。それだけに喜びと驚きが大きいです。

動画の中だけでもいくつか新しい要素を確認できましたが、個人的にはキャラの見た目の幅が少し広がっているのが嬉しいですね。キャラカスタム大好きマンなので。
あとは2で不便だった部分が解消されると嬉しいのですが、その辺のシステム周りの情報が入るのはまだまだ先になりそうです。発売が2022年予定だしね…
という訳で、まだしばらくは2のお世話になりそうです。実は最近ちょいちょい起動して遊んでおります。

あとは任天堂からはマリオゴルフの新作やゼルダの伝説スカイウォードソードHDなどがありましたね。
スカイウォードソードは遊びたいなって時期が以前あったのですが、ハードを買うつもりがなくて動画で結構見ちゃったのが今更ながらちょっと勿体なかったですね。まぁどちらにせよデータが消えて積んでいるBotWのクリアが先ですが…
マリオゴルフは買っても家族とちょろっと遊んで終わりそうなのでたぶん見送りますが、それはそれとして一斉に打って走り出す絵面が面白かったです。

あとはマリオゴルフ以外にもmiiを利用したゲームがありましたね。
mii関連で常々思うのは、あれがこう、もっといい感じにキャラクターが作れたらなぁ…と。キャラカスタム大好きマンなので…
既存の他ゲームとの兼ね合いもあるので厳しいでしょうが、一般的なSDキャラが作れるくらいのシステムだったらミートピアなども飛びついていただろうなぁと思います。今からでも拡張されないだろうか…

そんな感じで、有名どころに軽く触れるくらいの浅いNintendo Direct感想でした。
個人的にSwtich限定で興味を惹かれるものがそんなになかったので、とにかく最後にスプラ3があってよかったです。それにしても移植の8DXしか出ていないマリオカートよりも先にスプラの新作が発表されるとは…いやまぁマリオカートも色々出てはいるんだけども…次のDirectでは発表されたらいいね…