まちーかーっどっでーみーつけーたー

お試し価格で登録してみたら意外と利用したAmazon Music Unlimited君。
ゲームのサウンドトラックなんかもあって、作業中に気分を変えたい時にはお世話になっております。

で、先週は新たに「まちカドまぞく」のOP&EDを見つけたので聴きました。
EDは最終回でフルが流れましたが、OPフルは聴いたことが無かったので嬉しいですね。実際に聴いてみると素敵な曲で気に入りました。曲調も好きですが、特に2番の歌詞がいいですね。これが尊いという感情か…

まちカドまぞくはアニメの第一話を見た時は設定が安直に思えたのですが、実際には伏線をしっかり張りながら要所要所で回収していく練られた構成と設定で、回を重ねるごとに評価が上がった作品でした。
単純に見ていて楽しい&シャミ子が応援したくなるキャラクターなのもいいですね。2期が待ち遠しい作品の一つです。

そして残念ながら、Amazon Music Unlimited君とは今月でお別れでございます。あとKindle Unlimited君も。
まぁKindleの方はまたセール時にでも登録しようと思っていますが、Musicは無くてもそこまで困らないので、今のうちになるべく好きな曲を見つけてからサヨナラしようと思います。

因みにKindle Unlimitedを解約しようとすると「半額にするからもう半年契約しよ?」と引き止め交渉されました。Amazon恐ろしい子…!

2020年冬アニメの感想を書くマン

参上(☝´◔ਊ◔)☝
またの名をニコ動で出てる2話の無料期間が終わりそうな頃合いに慌てて見始めるマンです。一応Amazon PrimeとNetflixに加入しているので大体見れるけど、未知の作品鑑賞はコメント有りの方が心理的なハードルが低いので…
まだどの作品も始まって2,3話ですが、折角なので現時点での感想を残しておきます。

異種族レビュアーズ…作品の方向性は知っていましたが、まさかここまでヤるなんて…!
今一番楽しみにしている作品です。これ放送するの?という突き抜けた描写も凄いですが、それを差し引いても相変わらずの斬新な発想に安定した作画、面白いシナリオと文句のない出来だと思います。
問題は最終回が放送される頃には規制アイコンで画面が埋め尽くされている可能性があることかな!

恋する小惑星(アステロイド)…ステロイドを連想してしまうのは私だけだろうか。
わたてんを思い出す美麗な作画と、良くも悪くも安定感抜群のシナリオという印象です。1話目から主要人物がほぼ揃い、難なく打ち解けてしまうテンポの良さは、裏を返せば序盤にしか出来ない「登場人物が徐々に揃っていく」「少しずつ親しくなっていく」といったワクワクする部分まで飛ばしてしまった感があります。
まぁでも小難しいこと考えずに楽しめて可愛いなら何の問題もないな!因みに私はすずちゃんが好きです。

へやキャン△…かつてこれほどまでに尺の不足を感じたことがあっただろうか。
ゆるキャン同様ゆったりとした空気感で進行するためだろうか。とにかく短い。せめて5分あったならという思い、どこかに届け。

八十亀ちゃん観察日記…2期が早くて嬉しいな!各話綺麗にまとまっていて丁度良いボリュームに感じます。へやキャンと同じ長さなのに不思議。

ねこぱら…かつてSteamで異彩を放ちまくっていた作品がついにアニメ化。今ではSteamも2次元バンザイなゲームで溢れていることを鑑みると、まさに時代が追いついたと言わざるを得ない。
世界観やストーリーの説明が入るので本編未プレイの私でも話は追えました。ただし猫(ヒト型)の可愛さに極振りした感じの作品なので、そこで胸焼けor作画崩壊したら視聴が止まってしまう可能性はある…

群れなせ!シートン学園…最近ケモ枠多い…?といってもねこぱらと同じくヒトに獣耳がついてるタイプが多め。
よくあることだけど、男性のケモは9割ケモノで、同じ世界の女性のケモは9割ヒトなのが若干腑に落ちなかったりする。個人的には7割ヒト3割ケモノくらいの配分が好き。
主人公の男性(ヒト)含め登場人物のクセ、というかアクが強いですが、まぁギャグアニメだしね。元となる動物の習性をうまくギャグに絡めているのが好印象です。

あとは空挺ドラゴンズがNetflixにあったのでこれも後日見る予定です。映像研の方も気にはなっていますが、どこで見れるのかはまだ調べていない状態。
なにはともあれ、今季も見たいと思える作品がいくつもあって嬉しい限りです。

ありがとうと感謝を胸に、今日はこの辺で終わりにしとうございます。おやすみなさい( ˘ω˘)スヤァ

ゆるキャン△ 9巻 読んだああああ

面白かったああああ。
朝起きたら配信されていたので全部読みました。半分くらいで止めておくつもりだったのに、あっという間じゃった…
今回も読んでて楽しいし和むし、超絶インドアだけどちょっと旅に出たくなる内容でした。

さらに数日前にへやキャンも始まりましたね。ついさっき見てきました。
一番最初に思ったのは、大垣さん声違くね…?でしょうか。まぁ期間が空くとそういうこともあるよね…そのうち戻るといいなぁ。
そして分かっていましたが、やはり短い…物足りない…!余計に2期が恋しくなーるー!
この短さならまとめて見るのもいいかもしれませんね。

そんな感じで早々に諸々見終わってしまいましたが、もう4日後にはハクメイとミコチの新刊が待っている…幸せ…!
幸せなので短いですが今日はこの辺で。それではまた明日。

ブレンド・Sを見たよという話

1,2ヶ月前に見始めたブレンド・Sを最後まで見たゾエー。ああ、楽しかった…(祭りの後の静けさ感)
キャラクターが個性的で可愛く、絵も綺麗で話も面白い、素敵な作品でしたね。
作中では夏帆さんと秋月君のやりとりが気に入っています。あまり意識していませんでしたが、複数男女のゆるいコメディが私は結構好きなようです。Working!!とか野崎くんとか。

そして気に入ったアニメの視聴が終わると原作を読みたくなるのが恒例の流れで…
まぁ今は視聴後すぐなのでしばらく我慢するとして、また続きが見たくなった時に買おうと思っています。
アニメを見た後に原作を読むと脳内再生できてお得感あるよね。

さて、次は何を見ようかな…
エアロバイクを漕ぎながら見る関係上、運動負荷が吹き飛ぶくらい好きな作品がいいので、選ぶのに意外と神経を使います。
こればかりは見ないことには分からないのですが、新しい作品に触れるのって少し怖さがあるというか、微妙に勇気が求められる気がします。私だけかもしれませんが…

幸いゆるキャンを見るまでアニメから離れていたので、未発掘の好きな作品が沢山あるはず。ちょっとずつ探していこう…!

へんたつ TV版 第1話&ケムリクサの話とか

朝起きたら新しい「へんたつ」がアップロードされていたぞえー。
そういえば1月4日に何かあるって予告がありましたね、時の流れに飲まれて失念しておりました。

2020年の冬アニメも早いものならもう始まってそうですが、私はこれが最初の冬アニメ?でございます。
アクションシーンのモーション等がケムリクサの時に比べて良くなっている!そしてぬるっとしている!
まだ初回なのでどういった方向性になるかは分かりませんが、へんたつの緩い空気感が好きなのでこれから楽しみですね。

因みに私が最初に見たたつき監督の作品はケムリクサでした。
私はすごく流行している作品をすごく流行している時に見るのに抵抗がある面倒くさい人なので、当時大きく話題になったけものフレンズは見ていなかったのです。まぁこれは単に後で見ようと思って忘れていただけなんですが…
なのでたつき監督に関しては、けもフレのなんかスゴい人だけどなんかあって降板した、みたいな知識しかありませんでした。

そんなマイナス寄りのフラットな心象だったので、ケムリクサがAmazonで始まった時はちょっと覗いてみようかな、という感覚で視聴を始めたのを憶えています。
第1話を見た時の感想は「分からん…分からんことばっかりだけど、これはたぶん面白くなりそうだぞ」というものでした。
結果的にこの予感は当たっていて、回を重ねるごとに次の週が待ち遠しくなっていきました。待ち遠しくて途中でけもフレ1期も見ました、はい。周回遅れで流行に乗るのが得意なフレンズです。

作品自体も良かったのですが、それと同じくらい、ライブ感のような、熱が凄まじかったことが印象深く残っています。
前述の通り謎だらけの作品だったので、序盤はあまり盛り上がってるとは言えない状況だったのですね。静かに様子を見ている人が多かった印象です。
それが中盤からはどんどん人が増えていき、感想や考察で賑わい、終盤はもう爆発したような感覚でした。

あれだけ各回で視聴者の感情が一つになり、そしてその考察を読むことでさらに楽しくなる作品は珍しいと思います。
この感覚をリアルタイムで味わうことが出来たのは有り難いことですね。きっとけもフレの時もそんな感じだったんだろうな…!

とまぁ、長くなったのでこの辺にしておきましょう。いつの間にかケムリクサを語る記事になってしまった…
それでは最後に大事なことを一つだけ。

私はりょくちゃんが好きです。