ドラゴンメイド・ラドリーデラックス!!

今月もやって参りました、遊戯王マスターデュエルのアップデートでございます。
注目は環境を食い荒らすであろうと戦々恐々とされていた勇者&ふわんだりぃずの実装ですが、それ以上にドラゴンメイドのストラク、アイコン、スリーブ、メイトが販売され、デッキを組んでいる身としてはこちらが非常に嬉しい更新でした。

特に画像のラドリーちゃん、初のデラックスメイトの名を冠しているだけあって仕様も豪華です。
まず可愛い。全体的にちょっと不慣れな感が漂うマスターデュエル3Dモデルの中では順当に可愛く仕上がっています。もうちょいデフォルメ気味&アニメ調の方が好みですが、そこは他のアートワークとの兼ね合いもあるので仕方なし。

そしてモーションが豊富。ソロモードとかで貰える微動だにしないメイトと違い、色々な動きを見せてくれます。クリック時のモーションも4種類くらいあるためデュエルの待ち時間につつけば大変な癒やしになります。おまけに自分のバトルフェイズに入るとドラゴン形態(フルス)に変身するという嬉しいカード効果再現つき!
そんな訳で500ジェム払ってもお釣りが出るほど気合いの入ったメイトでした。ラドリーをデッキから抜いて罪悪感に苛まれているデュエリストもこれで安心ですね。私は絶対に抜かないけどな!

同時に販売されたストラクも優秀で、こちら3箱買えばほぼドラメが完成するという親切な内容。特に他テーマの天球まで一緒に入っているのが大きいです。
私は既にデッキを持っているため分解目当てのストラク購入になりますが、それでも1500ジェムでUR9枚になるため十分魅力的な内容でした。これでまた汎用URを少し作れるぞ…!

という訳で個人的にはこれだけでお腹いっぱい大満足のアップデートでした。
新規カードの実装も勿論重要ですが、こういったメイトなどのお楽しみ要素も増えていってほしいですね。

さて、メイトを眺めて一通り楽しんだ後は新規セレクションパックの開封です。環境を一変させるカード群らしいので、自分でも軽く触って最低限の動きは把握しておきたいところ。
今回は70連引きまして、結果は画像のようになりました。

魔鍵召龍は以前のセレクションパックで引いたやつなので、URの合計は17枚。比較的偏りなく手に入ったので上々の結果と言えそうです。聖殿の水遣いだけ生成すればなんとかなりそうですね。
ただしSRはちょっと噛み合わず、ふわんだりぃずの3積み枠である"ろびーな"と"いぐるん"が1枚だけ、反対に1積みが多い"えんぺん"が3枚超えでした。あと魔鍵砲とトランソニックバードがやたら出た印象。

開封後はふわんだりぃずを組んでソロモード&ランクマへ。
幸運にも過去のシクレから封印の黄金櫃やディメンションアトラクターを1枚引いていたため、UR生成なしでもそれなりの形になりました。引いた時はなんとも思ってなかったカードが後から活躍すると結構嬉しいものですね。
ソロモードの新規はSPミッション第二弾ということで、遊戯王GXをテーマにした内容になっているようです。アニメも見始めたおかげでネタ元が分かって中々面白い。といってもまだ40話なので分かったのは最初の3戦までですが、視聴を進めねば…

それで実際にふわんだりぃずを使った感想としては…ああ、これは中々厄介だなぁ…と。
特殊召喚ではない連続召喚&チェーン組みで誘発をかいくぐり、場を離れたカードもお手軽回収、そして何より相手ターンでもまた連続召喚、連続回収、チェーンチェーン&チェーンでとにかく時間が掛かります。使う側ですら煩わしいのだから、使われる側は尚更でしょうね。ミラーマッチだと大変なことになりそう。
特に複数のカードを回収する際の演出はもっと手早く進行してほしいところです。ウィッチクラフトを使う時にもよく思うことですが…

ただデッキの強さとしては事故率が高く、初動を抑え込まれると何も出来ないなど安定性に欠ける印象です。さらに一戦が間延びしがちなためランク上げにはそこまでかなと…個人的には相剣ほどのブームにはならず、時間と共に使用率も落ち着くんじゃないかなーと勝手に思っております。
まぁ初動の安定性を補強するカードもそう遠くないうちに実装されそうなので、今後もそれなりの頻度で見かけることにはなるのは間違いなさそう。

勇者についてはソロで少し試したくらいなのでまだこれからですが、それでもアラメシアの儀周辺の動きが非常にお強いことがひしひしと伝わってきております。
ただ制約との兼ね合いがあるためデスフェニよりかは出張先を選びそうな気も。ひとまず純勇者である程度慣れた後に、自分の手持ちで活用できそうなデッキがないか考えてみる予定です。ウィッチクラフトに突っ込んでみるか…?

以上、少々長くなりましたが11日アップデートの感想でした。
環境が一変して中々大変になったと感じる人も多そうですが、個人的にはドラゴンメイドが(見た目的に)超強化されたため嬉しいアップデートでした。それにまぁ、遊戯王って割といつの時代も魔境だったっぽいし…この先もずっと魔境らしいし…
今後はまたゆったりとしたペースで遊びつつ、次に追加されるカードに思いを馳せて楽しんでいこうと思います。紙だと次は「BATTLE OF CHAOS」で、その中だとゴーストリックと氷水が気になるところ…!

封印されしエクソシスターの右腕

Terrariaの世界から少し戻ってマスターデュエル。先日エクソシスターなどの新規カード追加がありました。
といってもカードパワーは全体的に控えめ。環境を書き換えるようなカードは次回に持ち越しのようです。つよつよテーマと箸休めカードを交互に出していく計画でしょうか。往年のWindowsみたいな感じで。

とはいえエクソシスターは将来的に新規カードで強化されることが約束されており、またテーマ自体もマスターデュエルを始めた頃から気になっていたので今回も引きに行くことに。
90連ほど回した結果は、ミカエリス2枚、パークス1枚の小吉でした。因みにマギストスの燃えてる兄ちゃんは5枚、物欲センサーが中々の仕事をしましたね…

ただSRではありますがソフィアがロイヤル加工で引けて、またミカエリスとパークス、ついでにヴィクトリカも1枚ずつシャインで引けるなど、全体で見たらそこそこバランスの取れたガチャ結果になったのではないかと思います。
その後足りないパークス2枚を生成し、ついでにアーゼウス君も生成して今回のパック開封は終了。ホープ君もあった方が良さそうですがURポイントが尽きたのでまた別の機会に…この先URポイント不足が解消されることは無いのでは…?

さて、実際にエクソシスターを組んで試したところ、思ったより動きやすくて好感触でした。
サーチや特殊召喚の手段が複数あって展開しやすいですし、ジブリーヌで打点も上げられるので決定力もそこそこ。ただし妨害を予め立てておく手段に乏しく、先攻を貰った時に困りがちな印象です。バディスを伏せて相手が墓地を触ってくれることをお祈りするのがいいのだろうか…
あとミカエリスの召喚エフェクトが綺麗で使っていて楽しいです。これ大事。カードイラストだと解像度が低くてよく分からないことも多いので召喚エフェクトは有り難いですね。カード拡大機能まだかな…

使ったデッキはエクソシスターにドラグマとデスフェニとマギストス(ゾロア)を出張させた欲張りセット。未だにうらら&増Gが2枚、墓穴&抹殺が1枚しかないため、足りない汎用枠に色々出張させた形ですね。
ただこれでもランクマで緩く遊ぶくらいなら十分に使えそうな印象です。何より盤面を取った際に火力を上げて決めに行けるのが大きいです。ウィッチクラフトだと有利を取っても打点が出なくて時間が掛かったりするので…

そんな感じで使っていて中々楽しかったため、エクソシスターは今後も使っていくつもりです。当分先とはいえ追加カードがあるのも楽しみの一つですね。
次のイベントはリミットワンことハイランダー縛りフェスということで、今の狭いカード知識では中々大変な戦いになりそうです。いい感じに乗り切れるようお祈りしつつ、今回はこの辺で…次回更新する頃には環境が一変してそう…

承影が泣きながらバロネスに道を譲る画像ください

久々の更新&マスターデュエル。なんかたまに遊戯王の話するだけのブログになりつつある…!

さて遊んでいる方はご存知の通り、先日新規カードの追加を含む諸々のアップデートがありました。
前回の追加が物足りない内容だっただけに、今回一ヶ月という期間でアップデートが入ったのはかなり嬉しいですね。今後のアップデート頻度にもある程度の期待が出来そうです。
さらにソロモードの拡充や既存カードの演出追加など、個人的に嬉しいポイントも多いアップデートでした。ハーピィの羽根帚の色合いとテンポはかなり微妙だけど。

前回のセレクションパックは10パックしか引かなかった私でしたが、今回は60パック引くことに。丁度ジェムも所持上限近くまであって良いタイミングでした。
特に欲しかったのは絶賛出張中のデスフェニと蟲惑魔デッキを補強できそうな天獄の王あたり。イラストでP.U.N.Kも気になっていました。

結果として今回のガチャ運は中々良好で、当初欲しかったデスフェニ1枚と天獄の王2枚、さらに相剣の引きが良く、莫邪3枚、赤霄2枚、SR組も各3枚ずつ以上引けました。
逆にPUNKはあまり振るわず、アメイジングラゴンは3枚出た一方でカープライジングが0枚、SR組も2枚、2枚、0枚という結果に。
合計でURは16枚、SRは分解しちゃったので具体的な枚数は分かりませんが、パック開封時に2,3回に一度は光っていたためそこそこ引けたように思います。何気にブレイク・ザ・デステニーのロイヤル加工も引きましたが、果たして使う日は来るのか…

パックを剥いた後は楽しいデッキ構築タイム。折角なのでまずは相剣で組んでみることにしました。
といってもシンクロデッキは今まで扱ってこなかったので知識もカードも全然足りず…とりあえずあって困らないバロネスとアナコンダ、あとパックで引けなかった承影を生成。SNS等で見かけたレシピでは天威龍やローズドラゴンなどが使用されていましたが、軒並みURのため相剣にデスフェニ出張セットを足して保留。もうね…UR生成ポイントが無いのだよ…

ただ上記のお試しデッキでも十分に強く、安定感もあって非常に使いやすかったです。何より自分でトークン召喚してシンクロして~…というシンプルな手順が良いですね。シンクロフェスで一連の手順の長さに絶望してウィッチクラフトに逃げた身としては非常に助かります。もっとも、他のシンクロ勢を組み込むとやはり手順が複雑になるようですが…まぁ少しずつ慣らしていきましょう、体をソリティアに。
あとついでにデスフェニの出張性能の高さにも震えました。強欲で貪欲な壺とかの相性もあるとはいえ、大体のデッキに突っ込んでいいやつだなって…

という訳で、今後は新カードでデッキを作ったりデスフェニを混ぜたりランクマでデスフェニを投げ合う日々が続きそうです。
あとは過去に引いたきり使っていないテーマのデッキもお試しして、「これ3枚はいらないな」っていうURを分解していきたいですね。そうしないとUR生成ポイントが本当に足りない。汎用カードが欲しい、2枚目の墓穴の指名者が欲しい…!
何にせよ、制作が追いついていない感のあったマスターデュエルがようやく動き出した雰囲気でこれからが楽しみです。

カードが少しだけ増えた遊戯王マスターデュエル

のんびり続けております遊戯王マスターデュエル。先日はついにサービス開始して初のカード追加がありました。

…といっても追加されたカードは残念ながら少なめ。概ね一年前のOCG(紙の方)に沿った内容のようです。
OCGと同じペースでこの追加量ならまだ分かるのですが、これで次回も2ヶ月後…とかだと流石に変化がなさすぎて離脱する人が出そうな予感。私もまだまだ知らないカードばかりとはいえ、やはりOCGの未実装カードを早く遊んでみたいものです。実装ペースが上がって半年遅れに収まったりしないかなー…

さて、追加されたカードの中で欲しかったのが妖眼の相剣師。魔法使い族のカードは色々持っておきたい&とりあえず使ってみたくて10パックだけ剥いたら運良く引けました。やったぜ。
とりあえずウィッチクラフトに入れてソロモードで遊んでみましたが、ピン刺し&サーチ手段がないので中々引けず…画像を撮った時にはデッキの枚数が残り10枚を切っておりました。
ともあれイラストが格好良い上にカットイン付きなので使っていて楽しいですね。あとwikiによると元教導のフルルドリスさんとのことで結構驚きました。こういう背景ストーリーを断片的に拾っていくのも結構好き。

因みに現在のデッキ事情としてはストルワートフォースを何回か剥き、そこから蟲惑魔と鉄獣のパックを引きました。
といってもまだ鉄獣は殆ど使っておらず、むしろ一緒に収録されている教導を蟲惑魔に組み込んで使ったりしています。また召喚獣などの、これまで持っていたけど使ってこなかったカードでもデッキを組んだりして少しずつカード知識を広げようと試みております。ランク戦は専らドラゴンメイドに頼りがちですが…

加えて今月からニコニコにdアニメストアに加入し、遊戯王GXを見始めました。初代の次のやつですね。
ただカードを眺めていくだけでは覚えられる気がしないので、アニメを楽しみつつ遊戯王の歴史やカード群をざっくり把握できたらいいなぁと。コメントがある分楽しみやすく、良い運動のお供になりそうです。
一応5D'sとSEVENSあたりも見る予定ですが、GXだけでも180話もあるので…まずはそこを完走できるかどうか…!

という訳で、マスターデュエル自体のコンテンツ追加ペースは遅いものの、こちらが初心者故に学ぶことが多く、特に気にせず遊べている状態です。イベントやデイリーのノルマが緩いのも助かりますね。
この感じだと実装待ちのバイスマスターまでまだ半年以上掛かりそうですが、飽きない程度に遊戯王の歴史を辿っていこうと思います。のんびりと…

武藤さんちのドラゴンメイド

一過性と思いきや意外と続いている遊戯王マスターデュエル、今回で3回目の記事になります。
前回から色々考えた結果、2つ目のデッキはドラゴンメイドになりました。次のデッキがいつ作れるか不明だったため、とりあえずそれなりに強いとされるデッキを組んでおこうという判断です。
ウィッチクラフト、好きなんですがランクマだとうららに止められて何も出来ないことが本当に多くて…

他の候補としては鉄獣戦線があって、あちらはデッキパワーが高くアートワークも好みだったため最後まで迷いました。
ただテーマ外で必要なSR/URが多い&構築の幅も広く、カード生成の取捨選択でメチャクチャ迷いそうだったので今回は採用を見送ることにしました。もうちょっと遊戯王の知識(と生成ポイント)が溜まってから挑戦しようかなと。

その点でドラゴンメイドはテーマ内でそれなりに完結してそうだったため、そこにうらら増G、強欲で金満な壺を各2枚だけ用意した状態で使用しております。本当はEXデッキとかももう少し充実させたいところですが、生成ポイントがね…
不要なSR/URを砕くだけでもかなり汎用カードを作れそうですが、砕いても大丈夫なカードか個別に調べるのも大変なので…ひとまず節約低空飛行で頑張っていこうと思います。

そんな訳で完成度6,7割のドラゴンメイドデッキですが、ゴールド帯ということもあってデイリー消化でもじわじわランクが上がるくらいには活躍してくれています。
元が展開力に乏しいウィッチクラフトだったのもありますが、シュトラールとハスキーが揃うと雑に回してもどんどん場が埋まっていくのが楽しいですね。ソロモードだと盤面を取られても返しのターンで逆転できたりして安心感があります。

あと名前も地味に気に入っていて、ラドリーやパルラは分かりやすいですがハスキーがハウスキーパーから来てることに気付いた時はちょっと嬉しかったです。遊戯王はそういう名前遊びが結構多い印象ですね。ウィッチクラフト同様、ドラゴンメイドも今後パーツを増やして強化していきたいデッキとなりました。

そしてマスターデュエル初のイベント、エクシーズフェスティバルも開催されました。
エクシーズ召喚を軸としたデッキでデュエルしてメダルを集めよう!というイベントで、EXデッキに依存しない環境デッキの出禁やレンタルデッキの貸出など、結構きちんとルールが整備されているように思えます。
ただ、メダルの配分が「レンタル敗北(25) < レンタル勝利(50) = 自作デッキ敗北(50) < 自作デッキ勝利(100)」だったため「あれ?これ自作デッキで即負けした方が早くね?」となり…自爆デッキが流行するという事態に。

流石に運営としてもこれは看過できなかったようで、早々に勝利時の獲得メダルを5倍にするという措置が取られました。報酬周りは次回以降のイベントで比較の対象になることを考えると、中々思い切った判断をしたなと思います。
とはいえ私みたいなカジュアル勢にとっては非常にありがたい調整で、おかげでイベント前半でメダルを3200枚まで集めることが出来ました。次回以降もこの形式だと助かる…!

逆に惜しかったのは、レンタルデッキの報酬半減ですね。私はそれが気になって最初の3戦以降はEXデッキ空っぽのウィッチクラフトを使っていました…本当に申し訳ねぇ…
運営的にはこれを機に新しいデッキ作ってね☆ってことだと思いますが、短いイベントのためだけにリソースを費やす訳にもいかず…普段使わないデッキに触れる貴重な機会ですし、せめて2割減くらいに留めてくれればなといった感じです。

とはいえ初回のイベントと考えると中々良質な内容だったのではないでしょうか。割と短めの時間でそこそこのジェムが貰えますし、自爆デッキの対応も早かったですからね。
おかげで3つ目のデッキを作るだけのジェムも手に入ったので、追加されたソロステージを攻略しつつ新デッキの選定を始めていこうと思います。次のイベントがいつになるかは分かりませんが、次回はもう少しテーマに沿ったデッキを持ち込みたいな…!