サクサクセス&サクセスの感想

前回でパワフェスをクリアしたため、次はサクサクセスとサクセスを遊びました。
ただプレイ中の画像を全然撮っておらず、唯一撮っていたのがこの写真でした、一体なぜ…

画像の通り、初回の彼女は声が綺麗そうな名前の超垣玲さんでした。ぱっつんで内気なキャラだったので即決。
今作からかは知りませんが、各キャラクターにボイスが付いてまして、重要な場面ではほぼ全部セリフがあるので…もはやギャルゲーの領域…!まぁ一番驚いたのは矢部君の声だけども。
ただ好感度が足りてなかったらしく、良い特殊能力が手に入りそうなクリスマスイベントが不発でした。そのため費やしたゲーム内時間分のリターンがあったのかは微妙です。次回やる時はちゃんとイベント見たいな。

ゲームレベルはノーマルで、大会は1回目は決勝までいきました。が、2回目の大会でまさかの初戦敗退。そのままドラフト会議でギリギリ指名されて一応はゲームクリア…という非常にスッキリしない終わり方でした。
もう完全に勝てると思っていたので負けた時のショックといったらね…

という訳で出来た選手がこちら。
なんか変化球の取り方が小学生のそれですね。たぶん見分けにくい変化球の組み合わせなどもあると思うので、慣れてきたらその辺も考慮して育成していこうと思います。CPUに効果があるのかは不明ですが…
このキャラも折角の第一号なのでしばらくは残しておくと思います。

残りはサクサクセス&サクセスを遊んでの感想でも…

まずはサクサクセス。
短時間で気軽に選手を作れるモード…なのですが、とにかく運要素が強くて育成の自由度が低い。「運が良ければなんか強い選手が出来るかもね」みたいな大味な印象で、たまに遊ぶにはいいかなぁ、という感じ。
もう少し戦略性と育成自由度を上げた、ローグライク的なゲームバランスであれば何度も遊びたくなるかもしれません。

お次はサクセス。
私がプレイしていた大昔と比べて、ゲーム開始が大学3年からと短めなのが印象的でした。選手完成までの時間も短く、昔よりお手軽になったように思います。反面、ストーリー的はあっさり気味で、入部して卒業まで様々なイベントを経てプロへ…みたいな感慨や達成感はあまり感じなかったです。密度自体は十分あるのですが。
私はもう少しストーリー重視なサクセスが好きですが、その辺は一長一短なので個人の好みによりそうです。

ゲームバランス的な話をすると、育成期間が短いため1週、1試合あたりの重要度がより増していると思います。
初回プレイはあれもやりたい、これもやりたい、でも時間が無い、という感じで雰囲気を掴んだ頃に終わってしまいました。最初の数回は試行錯誤と割り切った方がいいかもしれませんね。

という訳で、サクセス&サクサクセス雑感でした。
今のところサクセスはストーリーを見る程度に遊んで、選手を作るのはパワフェスが中心になりそうかな、という感じです。パワフェスは比較的サクサク進行して、色んなキャラクターがお祭り的に見れて、そしてがっつり試合できるのが楽しい。

パワフェスの様子については長くなってしまうのでまた後日。それではまた…

レム睡眠状況下での 上野さん8巻読了

ブログには書いていなかったけどちゃんと発売日に買って読んでいた上野さん8巻。
表紙は今回で3回目となる上野さん&山下さんの組み合わせ。並べて表紙を見てみたら1人、2人、3人の順番で繰り返しているっぽい?だとすれば次巻は他の部長2人が表紙に加わりそうですね。現時点でかなりキャラが立ってる花森さんは入ってくると予想。

という訳で上野さん8巻。
毎度ながらネタ切れせずに奇抜なアイデアが出てくるのが凄い。あと何気に1冊の中で各キャラクターがちゃんと登場するのも。
今回から添木さん始め、他の部長達も本格的に登場するようになりましたね。因みに私は錦部さんが好きです。東西南北だと南峰さんが好きです。リアスコートその後よかったです、はい。

個々のエピソードについて書き出すと長くなるので割愛しますが、今回の瞬間最大風速は「レム睡眠状況下での 第一子誕生!!」でした。上野さんの言葉選びセンス超好き。
それと今回2つ入っていた他の部長メインの話や、恒例となっている巻末の上野さん過去回も気に入っております。いつも違う話の展開が新鮮で良いですね。

そんな感じで上野さん8巻でした。
読んでてアニメを見返したくなりましたが、そういえば前回の記事でも同じことを書いてまだ見れてない…

パワプロ2020 パワフェス完遂!

はいぼく (:3 」∠ )

違うの…一発逆転のチャンスはあったの…ここぞという時に中の人のチャンス×が出ただけなの…

はい、昨日のパワフェスの続きは決勝の西強大学に破れました。ロックオンがあるといってもタイミングがズレたりボール球に手を出したら当然打ち損じる訳で…要するに実力不足です。
でもそれはそれとして選手の能力差も結構きつかったです、特にピッチャー。仲間キャラは周回を重ねると強くなっていくので今後に期待しましょう。

そんな訳で初めてパワフェスに挑んだメルセデス君(ランダムネーム)の戦いはここで終了となりました。
非常に「うーん…」という能力ですが、折角なので名前はそのままに顔グラを付けてあげました。
今後、微妙な能力のキャラが出来た時はどうしましょうね。消すのもちょっと申し訳ないし、扱いに困りそうだ…

悔しかったのでそのまま2回目のパワフェスへ。今回は無事クリアまでいきましたぜ。
前回はアイテムを使わずに負けてしまったので、今回は準決勝あたりから余り物のアイテムを、ラスボスでは調子MAXドリングとすけすけゴーグルを使いました。球種が分かるだけで大分楽になりますね。次回以降も重宝しそうです。

最終的に合計能力値?が☆349のピッチャーが誕生しました。
数値で見るとメルセデス君より47高いだけなので、最後までいった割に…?という感があります。思えば試合後の経験点が全体的に少なかったな…
まだルーキーで勝つのが精一杯なので、経験点の稼ぎ方などは少しずつ調べていこうと思います。

ともあれパワフェス、ひとまずクリア出来て一旦満足しました。次はサクセスで遊んでみようかな!

パワプロ2020 打撃練習してパワフェスを遊びました

今日から本格的に遊ぶぞパワプロ2020!
といってもパワフェスをいきなりやっても爆死しそうなので、ひとまず打撃を中心に操作確認&練習を行いました。
結果は画像の通り、凡打に次ぐ凡打。む、難しい…!

うまく打てない一番の要因は恐らくコントローラーの感度。
私は比較的遊びやすいと言われているProコンを使っていますが、それでもスティックを少し倒しただけでギュインギュインとカーソルが動く。体感80%倒したあたりでフチに到達してしまうので明らかに敏感肌ですね。
あえてこのような調整にしている可能性もありますが、個人的には感度0.7倍くらいになって欲しいところ。

そんなこんなで1時間ほど色々と試して、ひとまず球の位置表示(フェード)ありのストレートならロックオン無しでそれなりに打てるようになりました。ただし位置表示なしだと当てるので精一杯です。
いずれはロックオンや位置表示に頼らず打てるようになりたいですが、キャプチャーボードの微妙なラグもあるので速い球だとかなり苦労しそうですね。まぁ追々慣れていこう…!

一通り操作方法を確認したのでいざパワフェスへ。
流れは2018版の配信とかを見ていたのでなんとなく把握しております。いくつかの対戦候補から選んで試合し、勝ったら相手の選手が仲間になって次の試合、負けたらおしまい、という感じのモード。
とにかく試合に勝たないことには良い選手が作れないので頑張って腕を磨かねば。

まずは難易度の低いルーキーで挑戦し、1,2回戦を突破。
そして3回戦であかつき大附属が対戦候補にあったので挑戦しました。結果は8-5で勝利。格上の相手ではありましたが、ロックオンLv4の力と自動進行中に加点する「勝手に点取るシリーズ」のおかげで無事勝つことが出来ました。

因みに試合中の音楽は聞き覚えのある9のBGMでした。対戦相手に応じた曲に変わるようで、非常に胸が熱くなる演出ですね。シリーズ作を9しか遊んでいないのが悔やまれます。

そして準決勝もなんとか勝利を収めました。相手は帝王実業。9だと笑止!でお馴染みの山口さんがいた所ですね。調べてみたら彼にも以降色々あったようで、歴史を感じますね。

ともあれ帝王実業戦、これは普通にキツかった。
初回から点を取り続けているのに、自動進行中にぼんぼん失点する「勝手に点取られるシリーズ」で精神がガリガリと削られました。そういやレビューに「どんだけ点取っても取り返されるのでもれなくバカ試合になる」って評価があったな…

さらにピッチャー層の薄さからか、手動でもバカスカ打たれて負けがチラつき、打撃もロックオンがあるから簡単と思いきや、相手の控えピッチャーのサークルチェンジが妙に遅くて空振りを量産したり。
結局延長までもつれこみ、最後は逆転サヨナラ満塁ホームランで〆という、無駄にドラマチックな展開になりました。いやぁ焦った焦った。

という訳で残すは決勝と、その後に控えているであろうラスボス戦かな、たぶん。
今日は集中力が尽きたので続きは明日以降にしようと思います。ここまで来たら最後までクリアしたいな!

パワプロ2020買ったでおん

でもプレイはまだ。

はい、いずれやりたいと思っていたパワプロ2020を買いました。
任天堂公式のDL版よりAmazonのパッケージ版の方が1300円ほど安かったのですが、任天堂のポイント期限が今月までだったのでDL版にしました。どちらにせよ普段からDL版を買う方針だしね。

さて、パワプロシリーズを実際にプレイするのはGCの9以来、非常に久々でございます。
当時は打撃が普通にヘタクソで強い選手を作れた試しが殆どありませんでした。果たして今作はどうなることか…正直キャプチャーボードの微妙なラグもあるので先行きは不安ですが、可愛いデフォルメキャラを見るために買った部分も結構あるので気楽に遊ぼうと思います。とりあえずパワフェスかサクセスあたりを遊ぼうかな!