ソニーのイヤホン STH32 買ったふぉん

すごく久々のお買い物。イヤホンを買いました。ソニーイヤホン STH32の白色です。
以前使っていたものが片側断線してからはAirPods君を使っていたのですが、Switchを携帯モードで使ったり、遅延のない音が欲しい時にはやっぱり有線イヤホンが必要だなぁ、ということで購入。
自室利用&カナル型は苦手なのでイヤホンは毎回オープン型を選んでおります。このタイプはどうか末永く販売して頂きたい…!

因みに調べる過程でAirPods有線版のEarPodsがあることも知りました。どっちが先かは知らないけども。
ともかくお値段3000円くらいのお手頃価格で、AirPodsと音質もほぼ変わらないらしい。今回は折角なので違う音質のものを選びましたが、次があるならEarPodsもいいかな。

で、昨日そのSTH32君が夜に届きまして、今日一日ほど使ってみました。
音質に関しては私の耳が雑なのであまりアテにはなりませんが、音はAirPodsより重低音がほんのり抑えめでスッキリした印象を受けました。それ以外は殆どAir Podsと同じ感覚で聞けております。
特に音の響きにこだわりがある訳じゃないので、違和感なく聞けるだけで私にとっては十二分に実用的でございます。

コードの長さは約1.2m、数値で見た時は「ちょっと長いか…?」と思っていましたが丁度良かったです。モニター側にイヤホンを接続して、席から立ち上がっても余裕があるくらいでした。
付け心地もサッと付け外しできるサイズ感で特に問題もなさそうです。物によってはサイズが大きくて耳が痛くなったりするからね…逆に耳が大きい人はそのままだと少し取れやすいかも、くらい。

無線と比べてみると、やはり一長一短ですね。
無線はとにかくコードが無いのが快適なのですが、充電や都度接続する手間があり、また僅かながら遅延もあります。あとラーメン食べる時とかは結構気を使う。ポチャりそうで。
その点、有線なら挿しっぱなしで使える上にお値段もお手頃なので気軽に使えて良いですね。

とはいえFit Boxingのように離れて動き回りたい時はやはり無線が圧倒的に快適なので、今後は状況に応じて使い分ける形になりそうです。
そんな感じでゆるい感想でしたが、全体的に満足のできるイヤホンでした。Fit Boxingをやる時などは引き続きAirPods君にお世話になるとして、しばらくはこれをメインで使っていこうと思います。

トゥーンレンダリングの試運転デース

3Dモデル作る前に陰影とかをどうするか決めねば…ってことで昨日はUnityのトゥーンレンダリングについて調べておりました。
といっても検索をかけたら上位にユニティちゃんトゥーンシェーダーなるものがあったのでこれを試しただけです。安心と信頼のユニティちゃん。
テスト用モデルには鳴花ヒメの3Dモデルをお借りしました。前にCG Worldを読んだ時にダウンロードしておいたやつ。つまりは借り物&借り物によるテストなので今回は画像なし。

解説サイトを読みつつ設定してみるとモデル全体が明るく表示され、影もシンプルに落ちて非常に良い感じでした。影の境界も任意にぼかすことが出来るので、個人的に好きじゃないジャギジャギ感を回避できるのも嬉しい。
今回は基本的な項目しか確認していないので、次は他の設定項目やシェーダーを試してみる予定です。平行してトゥーンレンダリングのお勉強も…ベースカラー以外のテクスチャの適切な作成&設定方法を知っておきたい。

そんな感じでスローペースで進行しております。6月中にモデルを完成させたいな…!

あつ森 マリアさんおめでとうの日

祝・マリアさん誕生日。という訳でサブキャラ総出でお祝いに行きました。プレゼントも3人分用意したぜよ。
アレなアプデが続いて最近はあつ森熱もかなり冷めていたのですが、他でもないマリアさんの誕生日ですからね。明日からは月も変わって別のイベントが始まりますし、多少は新鮮な気持ちになる…なるかなぁ…カイゾー君が島で商売してくれるなら別なんだけどなぁ。そしてつねきち君はもっと島に来て怪しい商売をしなさい。

ともあれUI諸々の不便さに時間を吸われるのはイヤなので、最近は日課を最低限に留めて気が向いた時に+αで好きなことをやるくらいにしております。
で、昨日はひたすらマイル家具などで島を散らかして景観の評価を☆5にしました。景観とは一体。
これでパチンコに続き金のジョウロ(レシピ)も入手。まぁ未だに金道具があっさり壊れることには納得いってないけどね…!

次は斧破壊回数で貰える金の斧と、木こり回数の実績を並行して消化していこうと思います。また気が向いた時に。
その次はジョニー救出回数による金スコップでしょうか。こっちはタイムループしないとすぐには消化できませんが、それはそれで時間が掛かるのでやるかどうかは微妙な所。
あまり大きな時間操作はしたくはないので虫魚はのんびり集めようと思います。そのうち揃えばいいなーくらいで。

とにかく6月の中旬~下旬に来そうな7月からのイベント追加アプデが待たれますね。
ここで改善が無いならこの先ももう無いんじゃないかな…バランスやバグに関する要望は山と届いているはずですし、それらの中には比較的簡単に修正できそうな案件も多い訳で…簡悔精神を爆発させないことを祈るばかりです。
まぁ逆にまた下方修正のみだったりしたら、それはそれで逸話になりそうですが…

そうさゼロパーセント透明感

3Dモデルのキャラデザ模索中。

衣服の装飾に宝石を使いたいのですが、ローポリだと宝石の表現どうすんだ…ってことで試しにiPadで描いた宝石っぽいやつをそのまま雑に貼ってみる。うーん。
テクスチャが左右対称だったりハイライトの主張が強かったり、3D側もライティングとか一切いじらずにプレビュー出してるとはいえ、テクスチャに描き込む方式で宝石や水晶の透明感を表現するのはちょっと厳しいかなぁ。

引きの絵や細かいパーツならこれでも大丈夫そうですが、今回はローポリ~ミドルポリくらいの、カメラの位置を問わず全体的に破綻なく見えるものを作りたいので…ちょっと他の表現方法を考えようと思います。
ついでにハイライトや陰影の表現方法についても調べておかねば…とにかく知識と情報と経験と速さが足りない…!

ただまぁ特定のソフトのマテリアルに依存したり…というのはちょっとイヤなので、難しいようなら宝石は諦めて他のものをデザインに用いることも考えています。出来れば単品でそこそこ完結したモデルを作れるといいなぁと。
今まで何度かキャラクターモデリングをやろうとして途中で投げてきたので、今回こそは完成させたいですね。いや完成させよう。完成させて自分への報酬としてVR機器を買おう。そうしよう。