背景画の描き方に関する本を読んだので

ちょいちょい本を買って読んでるんですが、感想記事を全然書いてなかったことに気付いたので直近のものから消化していこうと思います。まずは背景の本。絵描いてて背景どうしたらいいか全然分かんねぇ!ってなったので買いました。
最近ようやく絵の取り組み方が少しマシになって、分からないことにぶち当たったら資料なり本なりを探して解決策を探す意識を持てるようになりました。むしろ今までが適当すぎた…

背景に関する本は有り難いことに色々出ていますが、キャラの後ろに添える背景で悩んでいた私にとって、一番目的に近そうだったこの本を選びました。
内容は背景の基本的なこと(パースとか構図とか陰影とか)、背景画の添削事例、キャラに合わせた背景のメイキングや写真からの描き起こし、最後に仕事として背景を描く際の制作過程など。
画像の割合が多いため読み進めやすく、反面ボリュームはそこまで多くないです。基本読むのが遅い私でも1日で読み終わりました。

良かった点は背景の基本が分かりやすく説明されていること、また実際に背景を描く際に使用する様々なアプローチが載っていたことでしょうか。「既に描かれているキャラクターからパースや実寸を取り出す」「構図を斜めに切ることで人物を大きく描写できる」といったキャラクターに関する話も入っていますが、タイトルにするほどガッツリ載ってる訳ではないです。あくまで背景メインの本と考えた方がいいかもしれません。

個人的に印象に残ったのが添削の部分で、一見問題のない背景も各部の質感や光の表現を見直すことでより精細で説得力のある絵に仕上がっていました。
結局の所、絵がパッとしない、ぼやけてしまうのは描いてる側の認識があやふやだから発生することで、実物観察や資料参照の重要性を再認識することが出来ました。

総評として、これから背景やるぜ!という人にも、背景描いてるけどうまくいかんぜ!という人にも読みやすい一冊だと思いました。
一つ注意点を挙げるとすれば、作業においてPhotoshopとClip Studio Paintを併用し、それぞれ片方にしかない機能を利用している点です。まぁ大体の機能は共通していますし、一から十までなぞるタイプの本でもないので影響は小さいです。このどちらかのソフトを使っている方ならたぶん大丈夫。

さて、この本を読み終えてさあ背景を描こうかと思いましたが、案の定、描こうとしている背景(部屋)に関する知識がびっくりする程ありませんでした。
という訳で、現在は家具や内装の資料を探しております。Kindle対応版が少ねぇ…

私にぼっちが舞い降りた!

わたてん&ぼーっち!
ぼっちに関しては結構前の発売で、本当はハクメイとミコチの新刊の時に一緒に感想を書く予定でした。が、そっちは一冊だけでそこそこの感想になってしまったので後回しになってしまいました。中身を殆ど公式の無料公開分で読んじゃって新鮮な感想を書きづらかったというのもあります。期間限定とはいえ無料で本編を読めるのは素晴らしい時代ですね。なんて良い時代…!オマケなどもあるので勿論単行本も買う訳ですが、それでも待つ期間が短くて済むのはとても有り難いことです。

ともあれぼっち7巻。
薄々分かってはいたけれど次巻で最終回…寂しい…!あと10話くらいは残っていると思うので、駆け足にならなさそうなのは嬉しいけれど。思えば電子書籍で漫画を買い始めてから完結するのはこの作品が初めてです。
今巻は86話のアルちゃん&佳子ちゃんの話やポセイドン面接の話とかが好きでした。アルちゃん以前から好きでしたが、ここ最近は特に株が上がりっぱなしな気がします。流石は世界の副委員長…!

という訳で残す所あと一人になったぼっち生活。
「これ友人全員とパンケーキを食べに行ってるなら山田さんハブられてぼっちなのでは…?と」内心焦りつつ、次巻を待ちたいと思います。

そしてわたてん9巻。
今回も特装版が出ていますが電子書籍勢なのであまり関係なく…むしろ大事なのはアレです、アニメ新作は劇場版だったという話ですね。OVAかアニメかなーと思っていたので映画が来るとは思っていませんでした。なんにしてもめでてぇ…!
とはいえ私はみゃー姉よろしく、映画館での待ち時間は結構気分が悪くなったりするので(映画が始まったら大抵気にならない)ウェブ配信待ちになりそう…収益に貢献したいという気持ちはあるけども!次のアニメ化に繋がるかもしれないし!

まぁ劇場版の話は続報を待つとして、今巻では作中で1年が経過したということで、ちょっとした区切りの話もありました。アニメ10話を思い出しますね。
今回は松本さんの登場は1話のみでしたが、ゆうちゃんが姉をしっかり変な人と認識していたのが面白かったです。それに対する松本さんの返しも含めて。あと好きだったのは親世代の話など。本編もですが巻末おまけの白く!輝く!奇跡の!花!の再来には笑いました。

そんな感じであっさりですがわたてん&ぼっちの感想記事でした。年明けから好きな漫画が途切れない頻度で発売されていて嬉しいな!

ハクメイとミコチ 9巻の感想を叫ぶだけ

ハクメイとミコチ9巻が出たぞー!(2週間前)
いや、勿論当日に買って全部読んだのですが。ただ他の記事を書く予定があったのと、あまりしっかり読み込んでいないのもあって後回しになってしまいました。
漫画の読み方って人それぞれありますが、私は数回駆け足で読んで、また忘れかけた頃にじっくり読むのが好きだったりします。新鮮味を保ちつつ、最初は見逃していた描写に気づけたりして二度おいしい!(当社比)

それはさておきハクメイとミコチ9巻、今回はいずれ読みたいなと思っていた二人の出会いの話がありました。わーい。
ハクメイ、思いの外荒んでましたね…キャラバンと別れてマキナタ絶許マンみたいになってる頃だと思いますが、そんなハクメイが今ではマキナタを帰ってくる所だと思っているのが感慨深い…ここからミコチと一緒に暮らすまでそう時間は掛からなさそうですが、その過程も見てみたいですね。

他のエピソードだと小さな料理人&大きな集会の流れが特に好きでした。大きい動物が出てくるとミコチ達の小人感が際立って良いなぁと。カボ助の話とかも。
あとは、みーちゃんと先輩が列車を見ている裏表紙も良い…街並みも綺麗で…表紙のかぼちゃもそうですが、本編の補完が表紙で入っていると楽しくなります。
そして最後に、司書さんの話と蜂蜜館の話でライカさんが2回も見れたので私は満足です。以上!

という感じで言いたいこと書きなぐっただけの9巻感想文でした。また一年後か…!

Dr.Stone & ゆるキャンが出たぞー!

ゆるキャン&Dr.STONE新刊発売いえー!
さらに来週にはハクメイとミコチまで発売されるぅ!すごい…!年明けすごい…!(因果関係は知らん)
ただ最近いつになく記事にしたいことが積み上がっているので今回はざっくり感想で。どういう訳かこういう予定って偏るよね…

まずはDr.STONEから。
アメリカ大陸編完!…と思いきやまさかの追いかけっこ状態で南米へ突入するという展開に。決着が持ち越しなのは歯がゆいですが、緊張感を保ちつつ次の話に行けるのはいいと思います。ゼノ達まで仲間になるともう大抵のことは脅威でなくなりますからね。勝ちが決まったストラテジーゲームの終盤みたいな感じで。

個々の話をすると、今巻ではクロムや龍水、松風やモズなど様々なキャラクターが活躍しましたね。中でも司のチェックメイトシーンは最高に痺れました。一本取られたと思った瞬間に見開きでひっくり返してくるのはズルい…!あと司さん、素足で石?の床を踏み砕いているんですか彼は本当に人間なんですかね…?
あとルーナが脱出するシーンのフランソワさんが相変わらず有能で地味に好きなシーンです。

今後は人数を絞って南米に向かうということですが、どのように話が展開するのか想像がつかないですね。特に石化関係はファンタジー領域なので一体どうなるか…次回も楽しみです。

次ぃ!ゆるキャン!
こっちは本日発売で、まだ1回さっと読んだだけなので本当にざっくりと。

11巻は続・なでしこ、しまりん、アヤちゃんの3人キャンプ編。実は読むの久しぶりで話の流れ完全に忘却してました。前の巻から読み直しました、はい。
今回は特になでしこの前半ソロキャンでしんみりしてる所がすごくキャンプっぽい空気感で好きでした。キャンプしたことないけど!超絶インドアマンだけど!
勿論2人の橋巡りや3人が合流してからも良かったです。別れ際にリンちゃんが拳差し出す所とか特に。

幕間の小ネタも相変わらず面白くて楽しました。そして巻末のへやキャンであきちゃんの髪型にまだ慣れていない自分がいました。やっぱあきちゃんはデコだよ…デコがいいんだよ…
そんなこんなでアニメ2期ももうすぐ始まるのかな、と調べてみたら今日からなんですね。寝ている時間帯なので見るのは翌日からになりますが、これから毎週の楽しみが始まると思うと嬉しくなりますね。

さて、思ったよりかは感想を書けたので今日はこの辺りで…
そろそろ見終わってないアニメ見て感想記事上げたいですね。でないとまた8ヶ月遅れの感想記事とかを上げる羽目になりそうなので。

書籍「悪魔を出し抜け!」の感想

久々の読書。
以前からKindle Unlimited対象でそのうち読もうと思っていた本の一つです。恐らくは物凄く有名で定番の本だと思います。
今回は少し行き詰まってヒントが欲しくなったため読んでみることにしました。

内容は「悪魔を出し抜け」というタイトルらしく、実際に悪魔が出てきて著者と会話するものとなっております。
やや面食らう前提ですが、解説本によくある「何も知らない主人公がその道の達人や神様などと出会い、物事を対話形式で教わっていく」の悪魔バージョンのようなものと思えば飲み込みやすいのではないでしょうか。
大事なのはそれらの会話から得られる教訓なので、悪魔の存在云々に関してはあまり気にしなくていいと思います。

むしろ個人的に難点だったのは、第三者による注釈や著名人の感想などが入っていることですかね。
特に注釈は非常に頻度が高い上に、黒背景&白文字で非常に主張が強い。「読み飛ばしてもらっていい」と書いてある割にかなり目立つし、場合によってはページの半分を占領する勢いなので正直そこは読みにくかったです。

ともあれ、それを差し引いても非常に有意義な内容でした。
ざっくりと書くならば「悪魔は恐怖や誘惑などのあらゆる手段を用いて人に"流される"習慣を植え付けようとする。自発的な思考を伴わない行動を繰り返し続けると人の考える力はどんどん失われていき、やがて周囲の取り巻く環境に流されるだけの無力な人間となってしまう。何かを成し遂げたいのなら、明確な目標とそこに至るまでの計画を立てて、失敗から学び、常に思考と挑戦を繰り返す必要がある」といった感じでしょうか。

こうしてまとめるとその辺の自己啓発書にも書いてありそうな内容に見えますが、実際には悪魔がいかに巧妙な手口で人間から思考を取り上げようとしているのかが非常に細かく書かれています。もう、ありとあらゆる手段を使ってくるなぁと。
そして何よりこの文章自体が1938年に書かれているというのも凄いですね。恐らくまだ自己啓発書も広く知られていない時代で、しかもキリスト教などの、神や悪魔に対して敏感な方も多い環境での話ですから…この本が筆者の死後も長らく書籍にならなかったのも納得のいく話です。

本書は間違いなく現代にも通用する内容で、読んでいると自分にも思い当たる節がいくつもありました。
無意識的に流される習慣として分かりやすいのは、SNSやソシャゲではないでしょうか。得したい、損したくないという気持ちでつい毎日ログインしたり、頻繁にチェックしたり、そのうち特にやることも無いのになんとなくで開いてしまったり。
こうした習慣が積み重なり、自分の時間や気力がどんどん奪われている実感があったために、本書を読んだ時は「あれ?私は悪魔に出し抜かれているのでは…?」という気持ちでした。

他にも悪魔が人間から思考を奪うための強力な手段として、金銭や健康問題があると書かれています。
私はお金に関してはそんなにですが、健康については確かに結構気にしてしまいます。例えば歯の詰め物が取れた時は数時間くらい何もやる気が起きませんし、体調に不安があると物事に集中できなくなってしまいます。(そしてソシャゲetcに流される)

視点を外に向ければ、昨今のコロナなんてまさに貧困と病気の合せ技な訳です。
「最近、世の中が殺伐としている」と感じる方も多いようですが、それも無理からぬ話で、多くの人が貧困や病気に対する不安によって思考能力を奪われ、感情が不安定になったり冷静な判断が出来なくなっているということなのでしょう。たぶん。
本書の言い方を借りれば、どうやら世界はまだまだ悪魔の勢力が支配的なようです。

長々と書きましたが、私はまず目標と計画をきちんと立てる所から始めようと思います。
そしてその過程で失敗があっても諦めず、考えること、挑戦を重ねることを忘れないように…これを続けるのは中々難しいとは思いますが、悪魔の手口を予め知っていれば幾分易しくなる気がしますね。
という訳で、その日の目標を明確にするために付箋を買いました。よく見かける、モニターの縁に貼るやつをやってみようかと!