Dr.STONE 14巻 読み申した

前回、無限に石化復活液が作れるようになったぞ!という面白い所で終わっておりましたDr.STONE13巻。いやまぁどこで切られても続きが気になるとは思うんだけども。
短いようで長い3ヶ月が経ちましてついに14巻が発売されました。早速読んだので軽く感想でも。

ネタバレ配慮しつつ感想を出すのが中々難しいのですが、今回は特に面白かった!(小並感)
コハクの潜入パートと千空の工作パートを行き来しながらテンポ良く話が進むので読んでいてとても楽しい。敵陣の不利な状況下なのにある種の安心感があって、しかしダレるということもなく…本当に話の展開の仕方が素晴らしく上手だなと思います。それでも銀狼の下りは中々にハラハラさせられましたが…

13巻の末尾の予告で既に復活バレしていた龍水は、予想通りの有能&有能&カッコイイ。
初登場時の大丈夫かこの人…みたいな感覚はもはや遠い昔…とても頼もしい仲間になりましたね。
因みに結構前の第2回キャラクター人気投票では既に2位だったようで。特別好きなキャラという訳では無いですが納得の順位ですね。というか今回の活躍で更に人気が出そうまである。

余談ですが、私は男性キャラなら千空と大樹が、女性キャラならスイカとコハクとキリサメさんが好きです。
特にキリサメさんは今後どういう風に動いてくるのかがとても楽しみでございます。

そんな感じで大して内容に触れられていませんが、今回も非常に面白い所で終わってしまいました。
次回は2020年4月発売ということで、月末と仮定しても最大3ヶ月ですね。長いようで短い、でもやっぱり長い3ヶ月。
先の展開を予想しながら待つことととしましょう…!

わたてん 7巻 読んだふぉおおおおい

楽しかったふぉい!一気に読むのが勿体ないので二回に分けて読みました。朝食前と朝食後に。
今回はドラマCD付きの特装版も出ているとのことですが、電子書籍派なので関係なーい…いやまぁ聞きたけどね…でも物は可能な限り増やさない生活方針なので仕方ない。

7巻の好きな所は小依ちゃんのドッヤァアアア顔とか、松本ォさんが相変わらず松本している所とか、ノアちゃんの可愛いシーンが多めだったりとか。今回も読んでいて終始楽しかったです。
話が面白いだけに余計に2期が恋しくなりますね。これはもはや持病の領域と言っても差し支えないのかもしれない…

という訳で脳内再生力を妄想の域まで高めて2周目を読んできます。それではまた。

手と足の描き方 読んだ感想

突然ですが、私は手を描くのが決して得意では無いです。残念なことに。
もっと言えば足なんて描く機会が少ないからとよく適当に誤魔化してしまいます。これではいけない…
キャラデザを決める時などに全身絵をさくっと描けるようにしたいので、苦手な箇所はちゃんと克服しておきたい所です。

そう考えていた折に見つけたのがこちらの本で、しばらく寝かせていましたが本日ざっと読みました。
感想としては、「手と足の描き方」というよりは「手と足に重点を置いた資料集」という感覚に近かったです。
手足、というか全身の基本的な構造や比率の解説と、場面や状況に応じた手足&全身ポーズのイラスト例が主な内容でした。

一応描き方も載っているには載っているのですが、真正面や真横、あるいは描きやすい角度からの作画手順がサラッと解説されているくらいで、初級者向けの本で取り扱っている内容と大差ない印象です。
また手足の造形に関する解説も若干ボリューム不足で、指の動きによって生じる細かいシワや、極端な角度やパース下での見え方、体格差や年齢差による差異の説明などは少なく感じました。
全身の解説は他の本でも読めるため、もっと手足に特化して欲しかったなぁというのが率直な感想です。

逆に良かった点としては、手や全身のイラスト例が豊富にあるため資料として使いやすそうなこと、画風やデフォルメ具合に合わせた手足のプロポーションや描き方について解説があったことです。
指南書というより、資料集として手元に置いておきたい一冊でした。

…まぁでも結局の所、基本的な構造やプロポーションを押さえたら後はもう各々で空間把握能力鍛えて頑張ってねって所に落ち着きそうな気はします。解説書通りにアタリを取ろうにも立体的に考えられないと応用が利かない訳で。
そこに行くための補助輪となってくれるような本が今は欲しいな…!

描くの疑問をすべて解消2 読みました

今日は鼻炎がボルケーノだったのでゆっくり本を読んで過ごしました。
読んだのは以前記事にも書いたデッサンコンプレックス克服本の続きでございます。

1冊目を読んで始めた毎日プチデッサンもなんとか続いており、初日に比べると線の取り方や調子の付け方が少しは分かった気がしています。(当社比)
ただ毎日描いているとどうしてもネタが無くなったりやる気が萎んだりするので、ここらで2冊目を読んでモチベーションを上げなおそうかと思い読みました。間違った練習をしてたら困るしね。

内容は前回より踏み込んで、具体的に何を意識してデッサンをすれば上達できるか、といったお話になっています。
本書のタイトル通り、"できる人"のフワッとした助言の真意の解説や、線の長さや角度の測り方、あと有名な「脳の右側で描け」の修正輪郭画法の簡単な紹介などが入っています。

修正輪郭画法は雑にまとめるなら「とにかく対象の線をひたすら目でじーっくり追い、それと同じように手を動かす」という手法です。脳の思い込みなどをひたすら排除して見ることに全神経を集中させる感じですね。詳しくはググれっ☆
この本は私も以前買ったことがあって、確かにうまく描けたのですが、板タブでやるのは厳しくて途中で投げてしまいました。今ならiPad君でアナログと同じように描けるので再度挑戦してみてもいいかもしれませんね。

あと細かい点ですが、今回は誤字脱字が多く、前後と意味が繋がらない文章などもありました。たぶん7箇所くらいあったはず。そこを除けば手軽に読めてデッサンの上達の助けになる一冊だと思います。
私自身、なんとなく掴んできた感覚が間違いでないことと、これから意識すべきことを確認できたので満足しております。

さて、今日は手を凝視してなぞってみるか…!

ハクメイとミコチ 8巻 素晴らしかった…!

数ヶ月前から待っていたぜこの時を!
ってことでハクメイとミコチの新刊が発売されました。わーい!
朝5時半に起床して6時から読み始め。昨日早めに寝ておいてよかった!以下感想をつらつらと。

始まって早々アラビの積み木市場という、複雑に積み上がった町並みが繊細に描かれていて圧倒されました。毎度ながらすごい描き込み…質も量も見事なもので、じっくり眺めていて飽きないし楽しい。すごい。

どの話も面白かったですが、特に「退屈と二度寝」がもうすごい好きでした。
ミコチが新聞読んでるシーンの空気感といったらもうね!ハクメイが暇すぎてじゃれてくる所とかももうね!
話的には暇で昼寝して夜ふかしするだけの話なのに、ここまで楽しいのはもはやズルい。この話だけもう3回は読みました。

あとは「お気に入りの服」とかも。服関係の話はちょいちょい出てきますが、色んな種族&個性的なデザインの服が出てくるのでどれも好きですね。
個人的には旋毛丸とノブキ君が一緒に出かけている所と、旋毛丸の「分かるかヤニイタチ」が好きです。語呂がいい。
何気に人型のキャラクターが出てこない珍しい回でしたね。サブキャラ達で話がうまく回っていると、ああ世界ができてるなぁって勝手に感じて勝手に幸せになるマンです。

後はコンなんだっけさんとかデレデレのシナトさんとかも好き。というか全部好きだったわははは!

…とまぁ、そんなこんなであっという間に読み終わりました。あー祭りの後の静けさ症候群がー…!
次回はまた一年後。それまでまた以前の巻から読み返したりアニメを見返したりして繋ぐことになりそうです。アニメ2期やって欲しいなぁ…(チラッ