HAPPY PLUGSのワイヤレスイヤホンを買いました

私の人生には学生時代から続く数年に一度のイベントがあります。

それはイヤホンの断線。
毎日長時間使う上、大抵は安物を買うので2,3年くらいで壊れます。
今使っているイヤホンも断線とまではいかないですが、コードの外側に切れ込みが入っていて「あ、そろそろヤバみ☆」と思ったので買い替えることにしました。

ただこのイヤホンが6000円くらい&数年で買い替え領域に入ってしまったので、それならいっそワイヤレスでもいいのでは…?と考えるようになりました。最近はリラックス姿勢で使う機会も増えて、コードの煩わしさ2割増しだったしね。
因みにAirPods君も持っていてリングフィットの時とかに使うのですが、「Windowsからは充電量が見れない」「繋がったと思ったら繋がってなかった」「いつの間にか片耳だけ充電が0%」などの諸問題により常用は厳しいと判断しました。

そしてワイヤレスイヤンホホを探し求め、最終的にHAPPY PLUGSのAIR1 PLUSを買いました。
値段もワイヤレスにしてはお手頃価格。オープン型の時点で選択肢が絞られるのでそう迷わず購入に踏み切りました。

選んだ色は白、ケースはAirPodsより大きいですがイヤホンの収納がしやすくデザインもお洒落です。
取り出すと「エアワンコネクティ-ッド!ライッコネクティッド!レフトコネィティッド!」とネイティヴなお知らせが流れます。お知らせはともかく接続は速いし分かりやすくて感触良好。充電残量も見れるしね。因みにバッテリーが少なくなった時は「バレリーロゥ!」です。
音はAirPodsや前イヤホンより軽めに聞こえます。人によっては少し安っぽく感じるかも?付属のイヤホンカバーを付けるとそれも軽減されて慣れの範疇になるかなという感じです。音質とかあまり拘らないタイプなのであまりアテにならないですが。

個人的に重要だった接続の速さと安定性が良好なのでかなり満足…でしたが、一つ問題がありました。

音が、遅れて、出てくるよ!
AirPodsが誤差レベルだったので遅延についてすっかり失念していました。比べてみるとAirPodsより2倍ほど遅延しており、はっきりと音が遅れてやってくる感覚でした。
「これはやっちまったか」と焦って他の機器にも接続して試してみたところ、iPadだとほぼ遅延無し、ノートパソコンもやや遅めくらいでした。おや、どうやら私のPCの方に問題があったようです。

ほい、Bluetoothアダプタに問題があると考え、新しいものを用意しました。
因みに以前使っていたAmazon特有の怪しいブランド商品はページごと消滅していました。Amazonさんが仕事をしてくれたのでしょうか。とはいえこの手の商品にもうお金を落としたくないので今回はサンワダイレクトの商品にしました。

届いた本商品を接続してみると…無事遅延が改善されました。よかった…
AirPodsよりかはまだ遅れ気味ではありますが、気にならない範疇のラグに収まるように。
ただしアダプタ側の安定性が今ひとつなのか、たまーにちょっと音が聞こえにくい時はありますね。拘る人はもっと性能の良いアダプタを買った方が良いのかも。とはいえ私の普段使いには問題なさそうです。

という訳で、紆余曲折を経て音声環境がワイヤレスになりました。
充電に多少気を使う必要はあるものの、ちょっとした移動で毎回イヤホンを外さなくていいのは快適ですね。机周りも有線よりスッキリするのも嬉しい所です。
イヤホンタップによる音量操作などはまだ少し慣れませんが、少しずつ使いこなしていこうと思います。

なお、これまで使っていた有線イヤホンは充電切れや故障時の保険用に取っておくことにしました。ラグなし充電なしで使えるので、やっぱり有線は有線で便利というね…

アイデアメモや自分用wikiに超便利なObsidian

を、使い始めました。

今まで書き残したいことは全部テキストファイルに直書き!というストロングスタイルだったのですが、当然画像や装飾は使えませんし、複数に記述が散るようなものは管理が面倒で正直あまり捗っていませんでした。
なので創作の設定資料などは自分用wikiにまとめて管理したいなぁと前々から思っており、暇な時にちょこちょこと探しておりました。そこで見つけたのがObsidianです。

まず何が良いって、導入が超簡単でお手軽なことです。
仮想サーバー立ててとか、煩雑なコード書いてとか、月額料金払ってとか、そういうのが一切いらない。そこらのテキストエディターをインストールするのと同じ感覚で導入できます。(一応有料ライセンスはあるけど機能上はほぼ問題ないはず)
起動も1クリックでぬるっと立ち上がりますし、ファイル管理もローカル&余計なファイルを増やさない仕組みなので非常に扱いやすい。丸ごとコピーして適当にバックアップ出来るのでとても助かります。

インストールしたら後はファイルを作ってどんどんページを充実させていくだけ。
Markdown記法なので普段のテキストと同じ感覚で書けますし、簡単に見出しやリンク、画像を張ることも出来ます。
さらにページ同士の繋がりを可視化するグラフビュー機能とかもあったりして、自分用の創作世界を充実させていくのがとても楽しい。記述が散り散りになって頭を抱えていたあの頃とは大違いです。

という訳でObsidian、中々に素晴らしいツールです。この気持ちを伝えるためだけに記事を書きました。
因みに私の場合は創作の設定資料+αを管理するために使っています。αはゲームのアイデアとか料理のレシピとか、そういうメモ帳要因ですね。例えば創作資料の管理方針としては…

  • カテゴリ分け(人や物、土地など)はフォルダの分類(+タグ)で表現
  • 組織→人、国→都市などの関係性はリンクを張ってグラフビューから分かるように
  • 職業や種族といった、フォルダやリンクを用意するほどではないサブ属性をタグで管理

というようにしています。
なのでキャラクターに関するファイルを書く場合は、Characterフォルダにファイルを作成、タグは「#character/human #character/warrior」のように設定、所属する団体や土地があればそこにリンク、という形を取っています。
タグに#characterを入れているのはフォルダに頼らずカテゴリ分類をする&他のカテゴリのタグと混ざらないようにするためですね。色々模索して、今は上記の管理方法で落ち着きました。

あと忘れていましたが、そのファイルに付随する画像データなどは「キャラ名_data」のフォルダを用意してそこに放り込んでいます。ただし自身はデータフォルダには突っ込まず、一つ上の階層で管理です。そうしないと付属データの有無でファイルの位置が変わっちゃいますし、ファイルを開く際にフォルダを何個も開ける羽目になって面倒なので。

以上、Obsidianがいいよって話と、自分はこう管理してるよって話でした。
テキストばかりの読みにくい記事になっていまいましたが、俺の心の中に広がる中2ワールドをwikiで管理してぇ~!という誰かに届けば幸いです。そうでなくとも普通にアイデア帳としてかなり優秀なので是非。おすすめです。

iPad Proの保護フィルムをペーパーライクに変えた話

わざわざ記事にする程かという話なのですが、iPadの保護フィルムを変えました。
これまで使っていたのはiPad購入時に急いで用意した通常用のガラスフィルムで、感覚的にはフィルムというよりアクリル板。普段使いにはいいのですが絵を描くには少々問題があって、カツカツ音が鳴る、滑る、厚みで座標がブレる、光が反射して映り込む、指紋や埃が目立つ…など気になる点がそこそこありました。

ただ当時はiPadも保護フィルムも購入した直後だったので「まぁこんなものか」という感覚でした。画面に直接描けるってだけで感動的だったのです。
それが変わったのはしばらくパソコン&従来のペンタブレットで清書や色塗り作業を終えた後のことで、久々にiPadで絵を描こうとしたら思いの外ツルツルと滑って。板タブレット、丁度いい滑りにくさで描きやすかったんだなぁ…と再認識したのです。

滑りに関しては使っていれば慣れそうではありますが、他にも難点はあったので思い切ってペーパーライクの保護フィルムに替えてみることにしました。なぁに失敗しても予備のアクリル板ライクな保護フィルムがまだ1枚残っているさ!

そして調べること数十分、最終的にエレコムのペーパーライクフィルムを購入することにしました。
今に始まったことではありませんがAmazonさん、怪しい無名ブランドや工作レビューが多すぎて最近は「とりあえず有名所で買お…」みたいな感じになってます。この前なんか「☆5レビューで全額キャッシュバック!」みたいな紙が同梱されてたからね…

ともあれペーパーライクフィルムの感想について。
まずは緊張の貼り付け作業ですが、こちらは特に気泡も残らず綺麗に貼れました。角の位置調整にかなり手こずりましたが、フィルム自体が程よい硬さでやり直しはしやすかったです。
因みに今回のような薄い保護フィルムは初めてだったので、表側にも青い保護シートが付いてることを知りませんでした。貼り終えてから「やたら画面が青いな…?」と一人で首を捻っていました。説明はちゃんと読もうな!

次に使い心地としては…思ったよりも紙!
指の腹で触る分にはそれほどではありませんが、ペンで描くとかなりザラザラしています。ペーパーライクはペン先が摩耗するとはよく聞きますが、それも納得のザラザラです。
しかしその分摩擦が増えて線は引きやすいですし、カツカツ音もかなり軽減されたと思います。個人的に紙の質感や手触りはそんなに好きじゃないのですが、それを差し引いても描きやすさはペーパーライクに軍配が上がります。

そして地味に気になる映り込みや指紋について。
まず映り込みは以前のガラスフィルムと比べてかなり軽減されました。ぼんやりと顔が映るくらいで体感半減。
一方でその代償として、画面全体に細かなカラーノイズのようなものが掛かるようになりました。これがペーパーライク共通の課題なのか、この製品特有の問題なのかは分かりませんが、気になる人はかなり気になると思います。個人的には画面から距離を取れば大して目立たないのでまぁいいかな、という感じです。

指紋に関しては事前の説明通り、確かに付きにくく、また目立ちにくいです。
が、同時に取れにくくもなっています。以前のツルツル画面と比べて指紋や拭き跡が残りやすく、2,3回拭かないと綺麗にならないことが多いですね。指紋取りの頻度は減ったものの、手間も少し増えたのでそんなに変わらないかな…と。拭いた後も分かりやすくピカピカにはならないしね。

以上、総合すると「描き心地はペン先を犠牲に改良、画面の見やすさは一長一短、指紋の手入れは前の方が好み」という感想になりました。
「線は引きやすいがザラザラ質感でペン先が摩耗する」「映り込みは軽減されるがカラーノイズが出る」「指紋は目立ちにくいが取れにくい」など…恐らくペーパーライク自体がかなり一長一短で人によって好みが分かれるフィルムなのだと感じました。

私は当初の目的通り、描き心地が改善されたのでひとまず満足しております。
無論、本音を言えば描き心地がよくて映り込みやカラーノイズがなくて指紋が付きにくくて取れやすい最強の保護フィルムが欲しい…!けどそんなものは当面出ないと思うのでしばらくはこの保護フィルムを使っていく予定です。

また、ペン先の摩耗については筆圧弱めで描いて対策することにしました。そちらの方が腕全体で描きやすく、また手や肩の疲労も減らせそうなので、これを機にペンの持ち方&運び方を矯正していこうかなと。ペン先にも体にも優しい描き方を…!

という訳で、ペーパーライクの保護フィルムレビューでした。手短に済ませるつもりが結構長くなりましたね…

グノーシア Steam版がついに!

来たぞ!ひょーぅ!

ウマ娘の記事と日にちが被った関係で数日遅れの記事になりますが、グノーシアのSteam版が年内発売予定とのことで、私非常に嬉しいです、はい。
グノーシアは動画で見かけてからずっと気になっていて、ただSteam版が出そうな気がしていたので数カ月間ひたすら待っておりました。前情報なしの方が楽しめるタイプのゲームとのことで、動画も殆ど見ていない状態です。

Switch版を買わない理由としては、PCで買えるならなるべくそっちで遊びたいからですね。
基本的にPCの方がmodやセーブデータといった点で自由が効きますし、それにSwitch君は割とリングフィット専用機としての地位を確立しつつあるので…他のゲームも遊ぶとなると起動毎に切り替える手間がね。

あとはネタバレを見ずに買う関係上、自分に合うゲームかどうかも分からないので、そういった点でも返品したり完全削除が可能なSteam版の方が安心して買えますね。
実際、皆が口を揃えて「ネタバレを見ずにいいから遊べ!」などとレビューを放棄する作品を遊ぶのは結構勇気がいります。私はホラーやゴア耐性が皆無なので、そういう要素を含んでいる可能性があると特に。
逆にMinecraftみたいに一通りのネタバレを見てもなお自分で遊びたくなるゲームは安心感と自由度の高さを感じて好きです。

少し話が逸れましたが、発売は年内予定とのことで、実際に遊べるのはもう少し先になりそうですね。
それまではAmong Usの配信などをたまに流し見して人狼欲求を維持していこうと思います。早く来てくれるといいな!

体験版を体験しただけの話

もう5月ですね。1年の1/3が終わったんですって!笑えるぅー!
さて、ここ最近は細々と各種ソフトの体験版などをインストールして仕事した気になっていました。
特に有益な情報は無いのですが、折角なので何の脈絡もなく記事にしておこうと思います。

・Cubism Live2D
絵をグリグリ動かせるアレ。
軽くチュートリアルを触ってみましたが、実際に自然に動かそうと思うと結構作業量が多くなりそうです。パーツ分けして、動かす場所割り当てて、動かし方を決めて、それらをタイムラインで管理して…と。
それなら自分は3Dモデルの方を作ってグリグリ動かすのに時間を使いたいかな、ということで早々に撤退することにしました。時間が無限にあれば挑戦したい。

・Substance Painter
こちらはかなりいい感触で、非常にお手軽にリアリティのある材質を作ることが出来て驚きました。
問題は月額約2000円とそこそこすること。ガッツリ使うにはいいのですが、たまに起動して使うにはちょっと割高なので、いざ集中的に使うぞって段階で購入したいですね。
一応Steamに買い切り版もあるけれど、公式から提供されている各種アセットが使えないのが悩みどころです。

・XBOX GAME PASS
月額いくらかで色んなゲームが遊べるサブスク(定額制)サービスの一つ。
ドラクエ11SやVA-11 Hall-Aが遊べるやん!と思い初月100円で3日前に登録したのですが、昨日解約。短い付き合いでした…因みに短期間だったためか、100円は返ってくるようです。ちょっと嬉しい。

最大の理由としては、Xboxアプリの機能が乏しくて使いにくいことでしょうか。というかSteam君が強すぎる。
サブスクで遊ぶ分にはプラットフォームを意識する必要はありませんが、お気に入りのタイトルがいざ配信終了して購入するぞとなった際に、他所へセーブデータを移行出来ない可能性があるのがイヤだなぁという感じです。この辺は調べても情報が少なかったので分からず終いでした。
因みにこの直前、Steam経由でXboxアプリを起動したらProコン使えるのでは…?と試行錯誤していて、その時に各種ファイル群に安易にアクセス出来ないようになっていることは分かっています。(結局exeにアクセス出来ずProコンも使えなかった)

あとは単純に、オフラインゲームに関しては好きな時に好きなように遊びたいなと。
配信終了や期間限定などに急かされず、自由に遊ぶための権利としてゲームを購入するのであれば、定額制と比べても別に高いものではないんじゃないかと思った次第です。というかソシャゲの課金要求額に比べたら塵みたいなもんだよ!
なのでゲームに関してはこれまで通り別途購入していこうと思います。もしSteamでいい感じのサブスクが出たら、色んなゲームをお試しするためにやってみるかも、くらいの感覚で。

以上、3つの体験版を体験した話でした。もう1個くらいあったような気もしますが長くなるので思い出すのを放棄します。
まぁなんと言いますか、私自身が定額制サービスと噛み合っていないように感じます。特定のサービスやツールを利用する頻度がまばらだったり偏っていることが多いので…
特にツールに関しては買い切りの方がこちらとしては助かるのですが、開発としてはやはり定額制の方が良いのでしょうね。あー買い切りたい。