運動大事、超大事

エアコンを入れるほど暑くはなく、かといってトレーニングすると暑い…
そんな夏の終わり頃の気候に甘えてリングフィットを一ヶ月ほどサボっていたのですが、見事に体調が右肩下がりに。具体的には便秘からの頭痛と食欲不振。

これはまずいと2週間前から再びリングフィットに取り組むことにしました。
以前は気が向いた時間にやっていましたが、これではつい後回しにしてしまうため今回は「朝の歯磨き→部屋の掃除→着替え(薄着)→リングフィット→着替え(厚着)」という一連の流れに組み込むことにしました。
毎日必ずやる動作とくっつけると習慣化しやすいですね。私の場合だと、他には風呂上がりのストレッチが高校生時代からずっと続いています。

最初は久々の運動で大変でしたが、続けていくと数日で体調が元通りに。
急激な冷え込みで縮こまっていた心身がほぐれていくようで、むしろ前より良くなったのでは…?というくらい活力が戻ってきました。やっぱり運動は大切だぁ…

と、運動の重要性を再確認したところで冒頭の本を読みました。
タイトルの時点でインパクトが凄いため存在自体は知っていたのですが、昨日Amazonランキングを眺めていたらKindle Unlimited対象だったので読んでみようかなと。タイミング的にも丁度いいしね。

内容をザックリ言うと、ひたすら「筋トレはいいぞ」を情熱的に&科学的に唱える本。それはもう隙あらば。
文字数も多くないし小ネタを挟んでくれるので読みやすく、何より筋トレやるか!という気分にさせてくれるのがいいですね。
また書いてあることも決して大げさな話ではなくて、私自身少し前に実感したことが多いだけにすんなり飲み込むことが出来ました。

という訳で、私ももう少し積極的にトレーニングに励んでみることにします。
まずは食事の見直しと有酸素運動を取り入れるところから…あまり使われていないエアロバイク君の出番!
食事はとりあえずAmazonでプロテインバーをポチりました。なんか美味しいらしいのでむしろ味の方が楽しみになってます。

最近の読書とKindle Unlimited再び

Kindle Unlimitedの期間が切れてから数ヶ月が経ち、ぼちぼち読みたい本も増えてきたので再度契約することにしました。
ただAmazonさん、読んだ本の履歴とかも全部残ってしまう&おすすめに利用されるため、そう考えるとちょっと気軽に本を追加しにくい。もし仮にその本が気に入らなかったとして、それが履歴に残り続けるのはイヤだなぁと。

そこでAmazonのサブアカウントを作成して、それを読書用にすることにしました。
念の為調べたところ、Amazonは一般アカウントであれば複アカOKのようなので、というか既にサブアカウントを持っていました。何に使ったんだっけな…
ついでにお試し期間も1ヶ月つくのでお得ですね。まぁ最近3ヶ月プランのセールをやってたみたいですけども…!

ともあれ、これで今までなんとなく敬遠していたジャンルの本にも気軽に挑戦できるようになりました。
そして色々と読んでみた中で良かった本の一つが冒頭のすみっコぐらしです。以前家族が「すみっコぐらしはいいぞ」と言っていたので読んでみました。
「今の自分ではダメだ、もっと頑張らなきゃ…」と日々焦っている現代人には特に響くお話なのではないかと思います。私は割と今の自分でOK派の人間ですが、それでも結構、心(と涙腺)に来ましたね。Prime Videoに映画もあるみたいなのでそっちも見てみようかな…

他に読んだ中だと漫画の「極主夫道」と「機械昆蟲制作のすべて 進化し続けるメカニカルミュータントたち」という本が面白かったです。
極主夫道はタイトルだけは知っていた漫画で、1巻が読み放題対象だったので読みました。すごく笑いました。
2巻以降は対象外ですが、公式のくらげバンチ様にて結構な数のお話が公開されていたため残りはそちらで読みました。ドラマ化キャンペーンの一貫とかでしょうか、なんにせよありがたい話です。沢山笑いました。

機械昆蟲~の方は紙粘土やボルトなどの金属素材で作られたメカ昆蟲の製作工程などを紹介している本です。
私は虫がからっきしで写真でも"うっ"となるタイプなのですが、機械昆蟲に関しては素直にかっこいいと感じました。完成度がすこぶる高く、さらに昆蟲らしさとメカらしさの融合が見事で眺めていて楽しかったです。
自分ではこういったアナログ系の工作はしないので余計に新鮮でしたね。

そんな感じでここ最近は色々な本を読んでおりました。自分の守備範囲外な本を読むのは新鮮で楽しいですね。
CG WORLDがKindle Unlimitedに復活していないのは残念ですが、残りの期間も様々な本を楽しんでいこうと思います。
それでは今回はこの辺で。良い読書の秋を…

久々の更新とApple Pencilのカバーとか

気づけば前回の更新から早一週間。
ここ最近の急激な冷え込みのせいかアレルギー性鼻炎が爆発し、一日中くしゃみと鼻水に嘆く日々を送っていました。体が冷えて鼻炎→ティッシュの埃で追い鼻炎というパターンが多いように思います。
これではどうにもならないのでアレルギー性鼻炎に効く薬を調べてAmazonで注文したのですが、それから数時間後に鼻炎がピタッと止まりました。君は殺虫剤を取り出している間に姿を消す虫かなにかなの?

そんな感じで今ひとつ原因がはっきりとしない鼻炎に翻弄されて書くのを忘れていましたが(責任転嫁)、一ヶ月ほど前にApple Pencilのカバーを購入しました。
先日のアップデートで手書きによる文字入力にも対応してますます便利になったApple Pencilですが、長時間絵を描いていると指が痛い、じわじわ痛い。指の関節と関節の間が赤くなって窪みが出来てしまう訳です。
持ち方や握る力を変えたりと工夫の余地はありそうですが、それはそれで慣れるのに時間が掛かるためカバーを購入する方を選びました。

似たような商品が沢山あるのでどれにしようか迷いましたが、商品説明やレビュー欄を見て怪しくないと感じたものを直感で選びました。過去にレビュー工作された粗悪品を買ってからは私もかなり警戒するようになって、公式サイトも無いブランドの商品とかはもう買わなくなりましたね…Amazon's Choice仕事して?

カバーの色は黒を選択。本体の白とカバーの黒でメリハリのある配色になって気に入っております。
装着は結構スムーズで、特に強引に引っ張ったりする必要もありませんでした。一方でカバー自体はあまり滑らない素材のため勝手に外れることも無さそうで一安心。

肝心の握り心地については「んー…ちょっとマイルドになったかな?」くらいです。
ただそれでも結構変わるようで、数週間使いましたが前ほど痛いと感じることは無くなりました。まぁそもそも分厚くしすぎるとApple Pencil自体が充電できなくなっちゃうからね…

良かった点としては、やはり手が痛くならないこと、そのまま充電出来ること。手に匂いが付いたりもせず、手触りも良好なことでしょうか。
反対に気になる点を挙げるならば、外したペン先キャップの置き場に困るとか、六角形にやや近い構造なのでダブルタップする面がいつの間にか裏側になっていることがある、くらいのものです。

基本的に安い商品が多いため、ちょっとくらい冒険してみるかの精神で買ったApple Pencilカバーでしたが、値段以上に有用な商品だと感じました。
とにかく煩わしいことがあるとその作業から自然と遠ざかってしまいますからね。環境を整えるの大事。
次はお絵かき時に背が丸くなってしまうのでちゃんとしたiPadスタンドを探そうかな…

ルンファク5!ルンファク5!ルンファク5!いえーい!

音沙汰なさすぎて心配だったルンファク5の続報が来たぞぉ!
「今回もダメだったか…?」と諦めかけていた最後にルンファクっぽいキャラが映った瞬間の昂りといったらもうね。
でもまずは順番に気になったソフトの感想から。

・Fit Boxing 2
アプデやDLCとか来ないなぁと思っていたらまさかの続編。
インストラクターの追加、特定アクションの除外、曲やメニューの一新、前作からのデータ引き継ぎあたりが主な要素でしょうか。
個人的にはBGMの数が気になります。毎日やっているとどうしても飽きますし、好みの問題もあるので23曲はちょっと少ないかなぁと。権利的なアレやリズムとの兼ね合いもあるので難しいでしょうが、DLCで構わないのでその辺を充実させて欲しいところ…
まぁまだリングフィットが途中なので買うにしてもこれを遊び尽くしてからですね。

・ディスガイア6
興味はあれどPC版の1が途中で止まっちゃっている作品。
キャラデザやグラフィック、ゲーム内の等身はかなり好みに近いのでいずれ遊びたい気持ちはあります。
5の一斉トライアルも開催されるようですが、1週間足らずじゃ終わる気がしませんね…トライアルだからそれでいいのだけれど。

・Hades
Supergiant Gameの新作ですね。BastionとTransistorをプレイ済みだったのですぐにピンと来ました。
音楽が相変わらず良い感じで、グラフィックもどんどん進化しているように思います。デザイン自体はBastionのデフォルメ具合が好きでしたが、そこはまぁ好みの問題なので。
PC版もあるので買うとしたらそっちですね。そういえば久しくSteamを利用してないな…

・ルーンファクトリー5
そして待望のルーンファクトリー5続報。
一番目立つのはフィールドグラフィックの変化ですね。これまでのSDキャラ&見下ろし視点から、がっつり頭身が上がって三人称視点になっています。未プレイですが据え置き機のルーンファクトリーに寄った形でしょうか。
この辺は操作性の劣化や没個性化などの懸念もありますが(あと単純にデフォルメキャラが好き)、立ち絵がちゃんと別で用意されている点は安心ですね。3Dといえども万能ではないのだ…

主人公(男)は3や4と比べると男性らしい容姿になりましたね。まぁこれまでが可愛すぎたんだけども。
キャラデザ自体に大きな主張が無いため、ストーリーやテキストで大きく印象が左右されそうです。異性との恋愛要素がある以上、男主人公を選ばざるを得ないからね…ぜひとも好感の持てるキャラクターであって欲しい。

逆に主人公(女)はメインヒロインを張れるほどに可愛い。アニメOPもかなり力が入ってましたね。
4では選ばなかった側の主人公はほぼ未登場という扱いだったので、今作は何らかの形で登場して欲しいところです。攻略対象ならなおよし…!
因みに私は現時点だと金髪に緑メッシュが入ったリヴィアさんが好きです。結婚出来ないバグ枠かもしれないけどね!

戦闘ではフィールドが広くなり、連携技などの演出強化が入るなど、頭身に合わせたゲームデザインに変わっているようです。
ルーンファクトリーは爆速ロードやサクサクUIなどの快適な操作性も魅力の一つだと思っているので、どこまでその長所を引き継ぐことが出来るのかも重要な点になりそうです。
今回の紹介映像だけでは判断できないことも多いので、早く実際のプレイ映像なども見てみたいですね。

そして発売は2021年春にそれとなく延期されました。
これまで音信不通だったことを考えるともはや想定内でしょう。むしろ早い。むしろ4をまだ遊びきっていないので丁度いい。

という訳で、5の発売まで4をまたぼちぼち進めていこうかなと思いました。
えーと、前遊んだ時は何をやろうとしていたんだっけ…?

キーボードがLogicool MX KEYSに変わったので感想とか

今までキーボードはLogicoolのK800tを使っていたのですが、この度KX800 MX KEYSに変わりました。
というのも約10日前に勝手にuキーが入力される不具合が発生し、ゴミでも入ったかと掃除をしたら今度はfキーの入力時にuキーが一緒に入力されるという謎状態に。「ふふふ」とか「fuck」とかは打ちやすそうだけども。

電源を切って一晩寝かせたり接続先を変えたりしたものの改善の兆しが見られなかったためサポートへ。幸いまだ購入して1年半、3年の保証期間内でした。
それで交換という形になったのですが、K800tは入荷未定なので代わりにMX KEYSでどうですか、となった次第です。
まぁお値段的にもMX KEYSの方がお高いですし、家族が同じ物を持っているのですぐに交換してもらうことに決めました。

MX KEYSの感想としては、まず奥行きがかなりスッキリしています。
元のK800tと比べて2/3ちょっとの奥行きになり、ペンタブやiPadで絵が描きやすくなりました。これは素直に嬉しいです。
ただしキーボードは日本語仕様で、かな入力の文字などが書かれていてゴチャついているのが個人的に少しマイナスポイントでしょうか。無償交換してもらったものですし特に気にしてはいませんが。

キーの打ち心地も良好で、キーの入力感と静音性が両立していて良い感じですね。
ボリュームの調整がファンクションキーに移行してワンボタンで出来なくなったのは惜しいですが、キー配置自体は一般的なもので、各種アイコンも分かりやすいため全体的には使いやすくなったかなと思います。あと単純にキーボード全体のデザインが好き。
という訳で、少なくとも現時点では交換してよかったです、はい。

折角の新品ですし、またキーと本体の隙間が狭く掃除も難しそうなので、今後はより丁重に扱っていこうと思います。
これまでも寝る前は布をかけていましたが、日中の埃&食べかす対策のために現在はサランラップをかけて使わない時は保護しております。
流石に見てくれが悪いし使いにくいので、シリコンラップなどでカバーを自作する予定です。

因みに、これまでお世話になったK800tは初期不良(勝手に+キーが入力される)により既に一度交換して頂いております。
なのでキーボード1台の購入に対して、今回ので3台目。家族の方でもよく故障→無償交換が発生しているので、微妙にLogicoolの採算的なアレが心配です。利用者としては有り難いけども!