エアロバイクを改造してペットボトルホルダーを取り付けた話

ある日、私は思いました。運動中に水飲みてぇ…と。

…はい、前回から引き続きエアロバイクを改造した話です。本当は一つの記事にまとめる予定でしたが長くなったので…ただ今回は簡単なことしかやっていないので短めです。まぁ前回も難しいことは何もやっていないのですが…

さて、前回タブレットスタンドを取り付けて快適に使えるようになったエアロバイクでしたが、使い始めてすぐに不便な点があることに気づきました。それは手近な距離にペットボトルを置く場所が無い、ということです。
これまではPCデスク前に移動させていたので特に困りませんでしたが、その場で使うとなると手頃な置き場がなく…あるとすれば背中側にある棚くらい。水分補給の頻度を考えるとちょっと不便です。

という訳で、エアロバイクにペットボトルホルダーを付けることにしました。
あまりゴチャゴチャさせたくないので、既にタブレットスタンドが付いてるハンドル部分は避けてハンドルの支柱にホルダーを取り付けることに。少し手を伸ばせばペットボトルが取れる状態を目指します。
向きはエアロバイクの正面外側。内側だとコードが邪魔になるし、横側だと足が当たりそうなので。まぁその辺は臨機応変、適当に対応することにします。

とはいえドリンクホルダーは自転車などでよく見かけるし、すぐに使える商品が出てくるはず。
そう思って検索をかけたのですが…意外と思っていたようなペットボトルホルダーが見つかりませんでした。自転車よりずっと支柱が太いので流用するのも難しそうです。ハンドル部分には取り付けたくないしなぁ…
仕方ないので前回同様、既存の商品をなんやかんやして乗り切ることにしました。

で、こちらがなんやかんやするのに使用した商品です。
自転車は学生時代に乗ったきりなので詳しくありませんが、フレーム部分にボルトで取り付けるタイプのボトルケージのようですね。いつも飲んでいる"いろはす"君が555mlだったので、少し余裕がありそうな商品を選びました。
今回はこれに滑り止めシートを噛ませつつ、結束バンドを巻いて固定することに。非常に単純明快で原始的。

手順も簡単です。まずはドリンクホルダーの台座部分と同じくらいの太さに滑り止めシートを切り、両面テープで貼り付け。
そして本来ボルトを通す箇所が他より出っ張っているので、そこの上下それぞれに結束バンドを巻いて固定すれば完成です。詳しい様子は冒頭の画像を見て頂ければなんとなく把握できるはず…
実際にペットボトルが差し込まれている様子は前回記事参照。ゴチャゴチャしない程度に拡張できて納得のいく形に収めることが出来ました。

使用感としましては、滑り止めシートがいい仕事をしていて、固定後は殆ど動かないので安心です。ちょっと頑張って押し込めば左右の向きを僅かに調節できるくらいですね。
ドリンクホルダーとしても十分な使い勝手で、普段使いの555mlペットボトルがピッタリのサイズ感です。ただ、いろはす君は柔らかい蛇腹構造になっているので取り出す際はベコベコベコッと音が鳴ったりはします。他のボトルだとそこはまた違うのかも。

ともあれこれでお水飲みたいよ問題も解決し、晴れて快適なエアロバイク環境を構築することが出来ました。
因みにあと、紙パックの飲み物も近くに置いておきたいよ問題と、タブレットに接続したAirPodsのケースも近くに置いておきたいよ問題がありますが、これについてはまぁ…とりあえず我慢することにします。
(AirPodsケースに関しては手頃なミニ巾着袋を見つけてハンドルにかけるだけで解決できそう)

エアロバイクを改造してタブレットスタンドを取り付けた話

ある日、私は思いました。ウマ娘やりながら自転車漕ぎてぇ…と。

という訳で今回はエアロバイクにタブレットスタンドを取り付けて快適エアロバイクライフを目指した話です。いわゆるこう、DIY的な知識やスキルが皆無なので、なんとか不可逆的な改造は施さず、パーツとパーツをうまく組み合わせる形で目標を達成できないかと模索しました。

まず使用しているエアロバイクはこちら。1~2万で買えるお手軽エアロバイクです。
改造しようと思ったきっかけはウマ娘…ではなく、バイクのディスプレイ君がペダルの回転を認識してくれなくなったことです。別にそこまで時間やカロリーを参考している訳ではないし、いっそここにタブレットを置けないだろうか?と思った訳ですね。
そうすれば運動の度にバイクをPC前に移動させずに済みますし、簡単な操作ならゲームも遊べて丁度いいかなと。

最初に考えたのはディスプレイを取っ払って、そこに何らかのタブレットスタンドを合体させる方法でした。
問題は取り付ける手段と安定性。流石にタブレットが落下して絶望するような事態は絶対に避けたいので、振動を加え続けてもスタンドが外れない&タブレットがずり落ちないことを大前提に考えました。
「スタンドに穴を開けてビスで固定」「いっそハンドルに取り付けるタイプのスタンドを買う」など…家族の協力も仰ぎつつ様々な方法を検討した結果、一旦は「木の板挟んで両面テープ貼ればいけるやろ!」という結論に至りました。正直不安ですが大丈夫らしいです。真偽は知らん。

となれば次は合体させるタブレットスタンドです。
変に可動せず、面が広くて取り付けやすい、かつ安いものを探した結果こちらになりました。下手に拘ると改造費が本体より高くなる可能性があるからね…

ただこのスタンドで十分だったかと言われるとそうでもなくて、まずPC用なので滑り止めが頼りない。タブレットを置く時にカツカツ音がなって傷が付きそうですし、僅かに振動するエアロバイクの上で使うには心もとないです。
そしてもう一つはタブレットを引っ掛ける立ち上がりが浅いこと。そもそも水平に使うことを想定された商品なので斜めに取り付けて使うには不十分でした。いずれも完全にこっちのワガママなので文句は言えませんが。

とはいえタブレットが落ちては大事件なのでどうにかせねばなりません。
そこで滑り止めシートをスタンドの両端に取り付け、エッジ等を保護する溝ゴム?を立ち上がり部分に被せて両面テープで固定しました。これで安定感がかなり向上して、タブレットが振動で揺れることも、傷すくことも、ずり落ちる心配もなくなりました。スタンドはこれで解決です。

肝心の取り付け方法については、届いたスタンドを眺めていた時に気づきました。これそのままディスプレイの上に乗せればいいのでは…?と。スタンドが丁度、ディスプレイに引っ掛けるのにお誂え向きの"7"みたいな形をしていたのです。
これなら穴を開けたり、不安な両面テープに頼ることもありません。さらにディスプレイを外して保管する必要もないですし、気が変わったらすぐに元の状態に戻せます。まさに当初の目標通りの改造です。
あとは左右をマスキングテープで固定して完成。画像ではハチマキのように巻かれている黄色いテープがそれですね。

以上がエアロバイクにタブレットスタンドを取り付けるまでのお話でした。
改造を施してから2~3週間ほど実際に使用していますが、今のところ特に問題もなく快適に運動できています。
流石にタブレット使用中の乗り降りは慎重になりますが、少し腕が当たったくらいでは落ちることは無いだろうという安定感がありますね。

懸念していた画面の揺れも殆ど感じず、既に10体ほどのウマ娘がエアロバイク上で育成を終えました。一回の育成に掛かる時間が30~45分くらいと、運動するのに丁度いい時間なのも親和性が高いです。
色々とメーカーの想定外な使い方をしているので完全な自己責任になりますが、同じようなことを考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。それではまた次回。

Helinox タクティカルチェアを買いました

キャンプ椅子…買っちった。(ゆるキャン風)

最近、概日リズムを守るためにベランダに出て日光を浴びる機会が増えました。
が、じっと立っているのは退屈だし、陽射しが暖かい日はゆっくりくつろぎたい。という訳で軽量で折りたたみ可能なアウトドア向けの椅子を買うことにしました。
特に急ぐつもりもなかったのですが、ゆるキャン効果で欲しい椅子が品切れにならないとも限らないので、今回は早めに購入を決めました。そういえばアニメは今丁度キャンプ椅子のところですね。

買ったのはHelinoxのタクティカルチェア、のオリーブグリーン。
チェアワンとの違いがそこまで分からなかったので、単純に一番欲しいと思った色を探して買いました。まぁたまに部屋からベランダに引っ張り出して座るくらいなのでどっちでも問題ない、はず。
オリーブグリーンはAmazonには無かったので楽天で並行輸入品のものを買いました。保証が利かなくてちょっと怖いけど欲しいという気持ちには抗えないのだ…

さてタクティカルチェアが届いて早速組み立て。
まずはポールの展開ですが、これはポール同士がヌンチャクのように接続されているのでとても簡単。くるくる回してカチャカチャやるだけであっという間に組み上がりました。これは凄い快適。

で、あとは座面のシートを各ポールに取り付けるだけなのですが…これが固い。もうすごく固い。
生地がちょっと届かないかな?とかそんなレベルじゃなくて、「え、これ設計ミスじゃないの?大丈夫?ポール折れない?」と力んだ手が汗でツルツルのプルプルになるくらい不安でした。
結果として、ポールに通す順番を変えることで無事組み立てが出来ました。それでもかなりきつかったけどね…ただ2週間以上たった今はそこそこ現実的な固さになってくれたと思います。

組み上がった椅子は思ったより広がりがあってしっかりしているなぁという印象でした。
それでもいきなり全体重を預けるのは少し怖いので、後ろに布団を引いて試運転。座ると少しリクライニングしたような体勢になり、とてもゆったりした感覚…これはすごく日向ぼっこに向いてる気がする…!
流石に何時間も座るのは疲れるとは思いますが、1,2時間であればとても快適に過ごせそうです。座り心地については予想以上に良かったです。

あとは色が期待した通りのグリーンだったのも良かったですね。普段は室内で利用しているので好きな色を選んでおいてよかったなぁと。さらに軽いから片手で簡単に移動させられるし、他の物を起きたくなったら畳んで収納することが出来て…あれ、これ家具としても普通に優秀なのでは…?

という訳でHelinoxのタクティカルチェア、値段もしっかりしていますが買って良かったです。
なお届いてから2週間くらいは寒い日が続いたのでずっと室内利用でした。まぁ普通は冬って寒いものだからね…
少し寒さが和らいだ最近になってようやくベランダで使えまして、やはり快適な座り心地で日光がとても気持ちよかったです。でもそうなると今度はゆったりとした草原とかで座ってみたくなるんだよなぁ…人間の果てなき欲求…

すやすやを求めて

去年の11月下旬に体調(と生活リズム)を盛大に崩してからというもの、睡眠の重要性を痛感し寝る時間をしっかり確保するよう心がけてきました。
…が、その思いとは裏腹に、むしろ眠れない!元々眠りが深い方ではなかったのですが、どういう訳かあれ以来3~4時間半で目が覚める現象が頻発するようになってしまいました。いわゆる中途覚醒。字面だけは格好いいけども。
という訳で量、質ともに満足な眠りを得るために、睡眠環境の見直しを図ることにしました。

まずは枕!以前使っていたものが相当古く、前々から気になっていたので良い機会でした。
今回は昭和西川のお手頃価格なパイプまくら(かため)を購入しました。寝具全般に言えることですが、枕は特に相性による部分が大きいので…なるべく調整可能なもので、かつ失敗しても悲しくない価格帯から選びました。

かためタイプなので、当然さわり心地はがっしりしています。中身はたぶんプラスチックっぽいマカロニみたいなアレ。
実際使ってみると安定感があって、低反発のものと違って沈み込んで蒸れることもなさそうで結構気に入りました。中央と外側で高さが違うので、その時の気分に応じて頭の位置を変えたり出来るのも良いですね。値段以上に使いやすい商品だと思います。

という訳で、ひとまず枕は満足のいくものを確保できました。
が…しかしそれでも眠れない。ショートスリーパーかと見紛うほどの短時間起床。なぜか?マットレスが固いからだ!(憶測)
実はマットレスかてーな問題は数年前から存在していました。ただこれには波があって、気になる時期とそうでない時期があったのです。そしてこの眠れない日々の中でマットレスの固さが再び気になってしまったので…もはや買い換えるしかあるまい。

以前はアイリスオーヤマのエアリーマットレスを使っていました。購入日は…2015年4月。当時の値段が16,800円で、約2100日使ったので1日あたりの約8円。十分元を取ってますねこれは…
数年の時点でヘタりが見えたとはいえ、軽くて取り回しのしやすいマットレスでした。長い間お疲れ様…!

で、新しいマットレス。
枕はお試し感覚で選びましたが、マットレスは気軽に買い換えられないし、何よりもうこの時は睡眠不足で辛かったのです。床の固さが伝わって仰向けで眠れない…一刻も早く熟睡したい…!
なのでもう、多少値が張ってもいいからちゃんとしたものを買おうという方針で選びました。

そのような経緯で取り急ぎ注文したのがマニフレックスの三つ折りマットレス、の中でもちょっとお高いDDウィング。裏表で固さが異なるリバーシブル仕様のマットレスです。
通常のメッシュ・ウィングだと3万円ちょっとなのですが、そちらはマニフレックス商品の中では固めに位置する商品のようで…とにかく固いというワードに対して過敏になっていたので柔らかい面もあるこちらにしました。
先述のエアリーマットレスと比べると厚さもお値段も段違いですが、快適な睡眠のためなら仕方ない…!

実際に使ってみると柔らかい面はほんのり低反発っぽく、体重が掛かっている部分がいい具合に沈みます。これが中々心地よくて仰向けで寝ても全然きつくない。仰向けの寝付きが格段に良くなりました。
一方の固い面は殆ど沈み込まない弾力で、仰向けになると背中とマットレスに隙間が出来るので私の体にはちょっと固すぎるようです。まぁ固い面で事足りてしまうと高いお金を払った意味が薄れてしまうので、ある意味安心してます、はい。
当然ながらどちらの面も床の固さを微塵も感じさせない作りで、寝心地に関しては申し分ないです。

気になる点としては、やはり良くも悪くも分厚くて重いということでしょうか。
分厚いので安定して自立し換気させやすいですが、やはり重いので移動や折りたたみの労力は大きくなります。元がエアリーマットレスだったので尚更それを感じますね。こればかりは寝心地とのトレードオフなので一長一短です。

もう一つはカバーの色が水色でザ・寝具という感じであまり格好良くはないこと。
こちらに関しては折りたたみ状態で使えるカバーがあるようなので、そちらを購入して別の色にする予定です。
余談ですが、私の元に届いたマットレスのカバーは一部変色がありました。中身に問題は無かったのでスルーしましたが、格好いいデザインのカバーだったら気になって交換してもらったかもしれませんね。もっとも、当時は眠くて熟睡できれば何でもいいやの領域に片足を突っ込んでいましたが…


という訳で、長くなってしまいましたがマットレスと枕の買い替えが無事完了しました。
これに並行して日光を浴びたり、運動したり、寝る前に部屋を暗くしたりストレッチしたりと色々試してみたのですが…結局ぐっすり眠れるほどの成果は現在出ておらず…アレェー?
ただ、いつも通りの時間で寝たここ数日は比較的長く眠れました。もしかしたら眠いからと早い時間に寝ていたのが良くなったのかもしれませんね。

なんにせよ、随分古くなっていたマットレスと枕の買い替えが出来て、睡眠環境も以前より良くなりました。
ここ数日はそこそこ眠れたこともあって、気分的にはもう半分くらい解決したかなという状態です。勿論最終目標はぐっすり眠ることですが、元々の睡眠がそこまで深くないのでその領域に達するにはまだしばらく掛かりそうです。目指せ睡眠マスター…!

Steam ウィンターセール来ましたわね

来ましたわね。
…と言ってもここ数年くらいは殆どSteamでゲームを買っておりません。何故なら他のゲームを沢山積んでいるから(^q^)

ただ風来のシレン5plusは配信で見かけてちょっとやりたいなーと思っていて、でもセール間近だったので一旦待つことにしていました。まぁ割引はなかったんですけども。出たばっかりだから当然といえば当然。
そうなると今急いで買わなくてもいいかなぁとか、現状フリーズバグがまだ残っているみたいだしなぁとか、後回しにする理由ばかりが出てきて購入を迷っております。こうなることが多いから欲しいゲームはその時買ってすぐ遊んだ方がいいのよね…(すぐ遊ばないと大抵積む)

まぁでも折角のセールですしなにか1つくらいはゲームを買いたいですね。そして1つくらいは積みゲーを崩そう。
因みに今はShovel Knightを進めています。全てにおいてクオリティが高くて大満足の一本ですが、エアロバイクを漕ぐ時にしか遊ばないので進捗は牛歩…
あとはルーンファクトリー4SPもそろそろ再開したいですね。5が出て遊びたい!となった時のためにせめてフォルテさんと結婚までは進めておかないと。(と思ったけど発売結構先だな…)

ついでに数十件あるウィッシュリストの中でも特に遊びたいと思っているゲームは「VA-11 Hall-A」や「Stardew Valley」、「Slay the Spire」や「Baba Is You」あたりです。名作ゲームばっかりだな!