ゆっくり動画編集していったよ

久々に普段やってるオンゲのゆっくり実況動画でも作るか!と編集始めたら完成までに丸4日掛かったでな( ˘ω˘)
毎日ゆっくり実況上げてるような人は化け物じゃけぇ…

因みに私の編集環境はAviutl+棒読みちゃんでございます。
以前は音声や字幕がお手軽なYMMを利用していた時期もありましたが、後からセリフを変えたりする時にソフト間を行き来するのが面倒だったのでAviutl一本に絞りました。Aviutlでゆっくり音声を乗せるのは少し手間ですが、フレーム単位の編集やプラグインの関係でAviutlは外せなかったので。

それに結局は構成やセリフ決めで大きく時間を取られたりするからね…
今回作った動画も単純作業や情報収集にも時間は掛かりましたが、構成&セリフ決めがスムーズに進んでいれば1日は早く完成していたはず…
なのでどちらにせよ数日に1本ペースでゆっくり動画を投稿し続けている人はすごい。超すごい。

これも数をこなせば早くなっていくかもしれませんが、動画に関しては私は別にいいかなと。
そこまで動画で発信したいことが無いのと、やはりとにかく納得のいく動画を作っていたら時間が掛かりすぎるので…
すごく気が向いてしまった時に作ってしまう感じでやっていこうと思います( ˘ω˘)

デイリークロッキーと美術解剖

久々の書籍購入。スカルプターのための美術解剖学という本を買いました。
以前にTwitterで毎日クロッキー的なやつを見かけたのでやってみたのですが「あれ?この出っ張り何の筋肉だ…?」という事態が多発したので改めてちゃんと勉強し直すことに。
背中や前腕あたりの筋肉、全然よく分かってなかったからね…

で、まだまだ勉強の途中ですが、現時点でお値段以上の価値を感じております。
よくある解説だと4方向から骨と筋肉のイラスト載っけて終わり!みたいなものも多いですが、この本だと様々な角度の写真+構造を分かりやすくしたCG付きで載っているので非常に分かりやすい。
さらに筋肉がどこに繋がっているか、動いた時どのように変化するかもちゃんと説明されていて非常に実践的。皮下脂肪の付き方まで載っていた時は詳しすぎて興奮したね!

現在は胴体を終えてから少し飛ばして腕の項を読み進めております。
良いなと思った写真や図説を模写しつつなので結構時間は掛かりますが、理解があやふやだった部分が少しずつ鮮明になっていくのは非常に楽しいですね。
一通り読み終えたら忘れないよう毎日クロッキーに戻って実践していこうと思います。

因みに冒頭で述べた毎日クロッキーの動画はこれです。美術的なアレですが男女の裸体が出るので一応注意。

FPSスティック 狙 パワプロ2020で試した感想など

本日届いたので早速使ってみました、スティック操作を補助するアレ。
用途はパワプロ2020、数時間試したくらいの感想なので信憑性はあまり無いです。

購入したのは「Proコントローラー用 FPSスティック 狙」で、お値段は約1200円。
厚底スティックがMサイズLサイズ2つずつ、エイムリングのスポンジが10個入ってこの値段は良心的ですね。厚底スティックとエイムリング、両方ついていればどちらかは有効に使えるだろう、という考えでこれを選びました。

まずはエイムリングのスポンジ。
最初はちょっと固めですが特に問題なく装着できました。数回付け外しした感じでは、強引に引っ張らない限りはちぎれないかな、という感じです。日数の経過で劣化したらまた変わってくるかもしれませんが、仮にそうなっても予備が沢山あるのでその点は安心感がありますね。

実際に打撃練習を試した所、かなりスティックに抵抗を感じました。体感で3倍くらい。
今まで軽く倒しただけでカーソルが端まで飛んでいたのが、しっかり倒してようやくといった感じで、隅に関してはむしろ意識してスティックを倒さないと届かないくらいです。
スティックの最大入力が困難になるので普通のゲームでは足枷ですが、パワプロの敏感カーソルには丁度いいですね。

次に厚底スティック。違いを確認するために一旦スポンジは外して装着しました。
スポンジと違ってちぎれる心配はありませんが、爪のようなもので固定するため今度はコントローラー側のスティックが傷つきそうでちょっと怖い。説明では真上から被せるよう書いてありますが、スティックが動いてしまうのでやや角度をつけ、爪2本を先に潜らせる方が安定するかもしれません。

厚底スティックの方はあまり期待していなかったのですが、試してみると意外と操作しやすかったです。
エイムリングは外しているのでカーソルの抵抗は相変わらずですが、親指全体で調整できるのが中々いい感じです。

最後に両方を装着した状態。
エイムリングの抵抗に厚底スティックの操作感が加わり、これが最も安定感があると感じました。
カーソルを中途半端な所で止めたり、微調整するのも大分楽で、スティックによる繊細な操作をサポートするという点で期待通りの働きをしてくれそうです。

ただし当然ながら、普通のスティック操作はやりづらくなります。
スティックの抵抗が増える&最大入力が死ぬため他のゲームでは使えませんし、パワプロ内においてもメニュー操作がかなりモッサリしますね。一応、十字キーも使えるので私はそちらでメニュー操作をするようになりました。
あとは厚底スティックを被せた影響で-ボタンが押しにくくなったりもします。そもそも急いで-ボタンを押すような機会が無いためそこまでは気にはなりませんが。

それと私は人より手が小さいこともあってか、しばらく使っていると親指が痛くなりました。
これはそのうちスポンジが馴染んで柔らかくなるか、あるいは親指が鍛えられたりすれば改善するかもしれません。耐久性同様、しばらく使って判断しようと思います。
長々と書きましたが、今のところ十分満足しております。打撃練習のヒット率も上がったしね!

因みにこれらのアイテムを引っさげて意気揚々とルーキーを遊んだ所、ラスボスで普通に負けました。24対25という非常に頭の悪い試合でした。あとホームラン一本で逆転だったのに…!
2,3回守備でグダってしまって、そこからまたCPUが点取るモードに入り、どこに投げても打ち込まれ…というのが敗因でした。ゴーグルとリモコンを使ってこれは情けなさすぎる…

結局の所、いくら下駄を履いても中の人のスキルがアレだと勝てないんだなぁということを実感しました。頑張ろう…!

アースノーマットで人類の反撃が始まりました

ここ数年、家に入ってくる蚊が軒並み凶悪な連中と化しているのでついに対策を講じました。アースノーマット。
普通のノーマットでも良かったのですが木目調でおしゃれだったのでBOTANICALバージョンを購入。数量限定品のようで、Amazonでは定価+1000円の上乗せ価格でした。まぁこのくらいの値段なら全然許容範囲。

実際に届いてみるとサイズは予想以上に小さく、部品もシンプル。
蚊に効く成分を含んだアロマ瓶みたいな容器をセットし、それを本体が熱で拡散していく感じでしょうか。
見た目は変わらないし音も出ない。匂いも殆ど分からないので「これ動いているのか?」と不安になるくらいには存在が薄くて素晴らしい。ただしコンセントが必要&コードが短いので置き場所は少し選ぶかも。(電池式もある)

ひとまず今は家の玄関設置しました。人の出入りがある時間帯にスイッチを入れています。
他の場所からも蚊は入ってきますが、部屋を移動するには必ず玄関を跨ぐので、そこで仕留められるだろうという算段です。部屋に出没したらその時は本体ごと移動させればいいしね。

効果の程は未知数ですが、家族曰く、今朝がた玄関に蚊1匹と小さな虫3匹が落ちていたそうです。なのでたぶん有効に働いているんじゃないかなと。まぁ夏はまだまだこれからなのでじっくり効果を確かめていこうと思います。
これで食事時や睡眠時の平穏を取り戻せたらいいな…!

気づけば五日

も投稿をさぼっていた…
毎日更新じゃないとつい、「今日はいいか」が連日発動して間隔が空いてしまいますね。一応書くことも全く無いわけじゃないので、明日か明後日あたりは更新する…かも。
いつでも出来ることは却って後回しになっていつまでも出来なかったりする現象に名前が欲しい。

そういえば任天堂さんから今月でポイントの期限が切れるでよ、というメールが来ておりました。
先月は60円くらいだったのでまぁいいかで流したのですが、今回は300円相当のポイントなので流石に使おうかなと思います。パワプロ買うか…買っちゃうか…!
買い物もつい後回しにしがちなので、こういった機会を利用して欲求を解消していくのもいいのかもしれない。

月末までじっくり考えてから決める予定ですが、期日を忘れてポイント消失パターンだけは気をつけねば…