脳内物質の本読んだよ

脳に関する本を読みました。タイトルが長い!
まぁ要するにドーパミンとかアドレナリンとかセロトニンとかエンドルフィンとかの脳内物質について解説された本です。

序盤でいきなり、各脳内物質の特徴をエヴァンゲリオンの登場人物で例えだした時は大丈夫かこの本と思いましたが、概ね分かりやすくそれぞれの効果、発生条件、不足時の症状などが解説されています。
これら脳内物質を上手くコントロールして仕事の能率を上げようぜ、といった感じの内容です。
ビジネス書ではありますが、脳の働きに関する本なので人を選ばず活用できるのではないでしょうか。

実際、自分の体でも意外と分からないことは多く、何故か調子が出ない…ということも珍しくないわけで。
人体に関する知識が豊富にあれば、そういった事態にうまく対処できるかもしれませんね。

ところでこの本、Amazon Prime Readingの対象商品だったので無料で読めたのですが、読み終わる頃には対象外になっていました。意外と入れ替わりが早いようで…
さらに後で読もうと思っていた他の本も軒並み対象外になっていました。結構時間掛けて選んでおいたのに…!
という訳で、気になる本は早めに読んでおいた方が良いようです。

今日はお休み

今読んでいる本を読み終わったらその記事を書こうと思っていました。読み終わりませんでした。
なので何も書かない勇気を持つことにしました。適当は継続の秘訣らしいですよ。
それでは、おやすみなさい( ˘ω˘)スヤァ

ポケモン剣盾どうしようかな

日常生活での話題が乏しすぎてYoutubeのゲーム紹介映像貼るだけマンと化してしまっている…

という訳で、今日はポケットモンスター ソード・シールドの映像です。
ポケモンは金(古い方)くらいしかしっかり遊んだことがなくて、ピカブイが発売された時には購入も考えたんですが…バージョン違いやらミュウの限定商法やらで「うーん、じゃあ別にいいかなぁ」となって買うのをやめた記憶があります。
ポケモンは図鑑コンプ欲の強い私には中々大変なゲームで…今はネット通信でなんとかなったりするんでしょうか。科学の力ってすげー?

バージョンによって異なるジムリーダーも存在するということで、キャラデザが素敵なサイトウさんが出るソードの方が売れそうですね。私も買うならソードかな!
まぁ正直そんなに違いが無いなら1本のソフトにまとめてくれよとは思うのですが。とはいえシリーズの伝統ですし、何より売上的においしいので無くなることはないでしょうね。

例によって惹かれたのが着せ替え要素です、はい。本当これがあるだけで欲しくなるから困る。カスタマイズの幅もそこそこ広そうなのもグッド。
映像を見た限りでは「図鑑コンプに囚われなければ楽しめそうだなぁ」という所感で、購入するかすまいかで揺れている所です。発売後の評価を見てから決めることになりそう。

それにしても、興味はあるけど踏ん切りがつかない、みたいなゲームが多いな我ながら…

デーデレデー

これまた日を跨いだ話題ですが、Overwatch2が発表されましたね。
Overwatchはリリース前から結構楽しみにしていて、発売後に購入、その後はランクマ実装後まで遊んでおりました。主にD.Vaちゃんとメーイちゃーん、それとサポート系をよく使っていましたね。
もう長いこと起動していませんが、Overwatchはムービーやストーリーの完成度が高いのでトレイラーは今でもたまに見たりしています。

これまでPvPがメインだったOverwatchですが、2ではストーリーや協力ミッションなどのPvE要素も加わるようですね。
実際プレイ当時「ストーリーもっと見たい!」とか「対人戦ばかりで疲れるな…」という気持ちがあったのでこれは嬉しい追加要素じゃないでしょうか。まぁ、co-opはco-opで味方に気を使ったりするんですけど!

すっかりソロゲーの気楽さに落ち着いた身なので買うかどうかは微妙ですが、今後も続報は追っていきたいと思います。

ハロウィン終わったけれども

そういえばルイージマンション3が発売されましたね。
おばけゲームに因んで10月31日、つまりハロウィンの発売だったので既に2日遅れのお話ですが…

ルイージマンションシリーズは1を動画で視聴、2は動画も見ておらずで、3も特にやろうと思っていたわけでは無いのですが、任天堂の公式動画でよゐこのお二人が楽しそうに遊んでいるのを見て少しやりたくなりました。動画の影響力ってすごい。
ホラー耐性皆無の私でも、このくらいファミリー向けのゲームならビビらずに遊べそうですね。たぶん。
というか普通のゲームを装って唐突にホラー要素ぶっこんでくる方が怖い。ペーパーマリオRPGとか。直近だとルンファク4SPの黒曜館とか。いや普通のホラーも怖いけども。

ともあれしばらくはレビューやら動画やらをチラ見して過ごすことになりそうです。
こういう時「一緒にやろうぜ!」と背中を押してくれる友人がいればなぁ、ハハッ。トリックオアフレンド…