そんな流行に俺が釣られウマーッ!

はい。数日前に始めてしまいました。ウマ娘のあれ。
いやね…最近遊ぶゲームがなくて退屈していて、そこになんか皆すごく楽しそうにウマ娘の話をするじゃないですか。普段は「流行ってるから」という理由だけでは手を出さない腰の重い私ですが、今回は気になってしまって。

とはいえ「アニメは気になってたけど結局まだ見てない」「競馬は特に興味ない」「歌と踊りにも興味はない」「ソシャゲはお金や時間を吸われるのであまり近寄りたくない」と他に遊ぶ理由がなくて結構迷いました。結局、グラフィックを筆頭にゲーム全体の完成度がすごく高いという評判が最後のひと押しに。

という訳でチュートリアルをプレイして、オープニングを見て、キャラごとにSDモデルまで用意してあるのすげーってなって、ライブのエフェクトとか演出とか気合い入ってんなーってなって。そんでリセマラして、育成を3人完了する所までやりました。
リセマラは60連でSSRが6枚来たので最終的にこれで遊んでいます。評価が高くないSSRが2枚被ったのと、またリセマラ数回目だったこともあってその後もしばらくはリセマラしてましたが。単純に無心でガチャするのが楽しいみたいな所ある。

育成では最初にサクラバクシンオーを育てました。
何も分からないので適当に選んだのですが、非常に素直で快活でアホかわいい学級委員長で、さらに育成上のレースでとても勝ちやすいキャラだったようで、初回でURA優勝までいってしまい物凄く情が移ってしまうという…バクシンが頭から離れないという…そんな訳で冒頭の画像は育成中の好きだったシーン諸々です。SDキャラのひらめきモーションがかわいい。

システム的な話をすると、まぁ、大体パワのプロのアプリのアレです。「特定のキャラを選んで育成する」という前提からくる違いはありますが、確率でサボりぐせや不眠症がつくところまで同じ。そこは別に真似しなくてもよくない…?
なので目新しさはありませんが面白さはそこそこ。一回の育成に掛かる時間が結構長く、またキャラごとにしっかりストーリーが用意されているのもあって愛着はかなり湧きやすいと思います。

個人的に良かったのがグラフィックとキャラクター関連ですね。
モデルとその描画クオリティが高いのもそうですが、他にもキャラごとにSDモデルやアイコン等が用意されていて、その上モーションやセリフも非常に豊富で、キャラ一体あたりのコンテンツ量が相当なものでした。ガチャに対して渋い顔をする私でも、これだけのコンテンツを用意されたら多少は稼ぎに来られても仕方ないね…ってなるくらいにはすごい。

そんな感じでウマ娘、レースも育成も結構な時間をもっていかれるのでどこまで続けられるかは未知数ですが、しばらくは楽しく遊べそうです。デイリークエストで1体育成とかは絶対どこかで投げるだろうけど…!
あとソシャゲは収益の都合上どんどんキャラ増やしてインフレさせて…ってなるのが常ですが、カードゲーム等と違い気軽にキャラを増やせないこのゲームでその辺りをどう舵取りするのかも気になりますね。

今後はひとまず攻略等をあまり見ずに、ストーリーを見ながら気楽に育成をしていくつもりです。真剣に育成し始めると選択肢とか自由に選べなくなるからね…好きなように遊べる初心者の時間も大切にしたい。
とりあえず早急に5レース分のキャラを育成して、その後に気が向いたらアニメの方も見てみようと思います。今はゲームだけで手一杯なので落ち着いてからでないと見る時間がない…!

ヘールテイク!ヘールテイク!

たまには未プレイのゲームを遊んで脳に刺激を…ということでHelltakerを遊びました。
遊んだのが2月の下旬頃ということで、旧正月セールもとっくに終わっており…さてどうしようか通常価格で何か買ってしまおうかと悩んでいたのですが、前から興味あったHelltaker、なんと無料でした。ありがたい…!
クリアまでそう掛からないという話だったので気軽にダウンロードして遊んだ次第です。

ゲームは行動回数に制限付きの倉庫番で、岩を押したり敵を倒したりしながらゴールを目指すというシステムです。
ゴールには基本的に悪魔系女子がいて、到着すると唐突にギャルゲーパートが入ります。なお二者択一を外すと死ぬ。流石地獄だぜ!何回か外してざっくりいかれましたが、まぁパズルをやり直すだけなのでそこまで手間じゃないです。なんならパズルはスキップ機能あるしね。

そしてヒント機能は仲間にした悪魔系女子達がなんやかんや会話してくれます。ヒントとは名ばかりのお喋り機能です。ヒントには頼らん!と硬派気取って進めていましたが、途中でこのシステムに気付いて最初から見返しました。
因みに私が一番好きなのは上記画像のモデウスちゃんです。あと天使のアザゼルさんも。

パズルの難易度は丁度いいくらいで、終盤はちょっと考えましたが概ねサクサク進行しました。むしろ最後のアクションパートの方がちょっと苦労したくらい。因みにそちらはスキップ不可なので頑張りましょう。
プレイ時間は全実績解除含めて90分、攻略は手に入れた暗号の使い道が分からずそこだけ調べましたが、鋭い人はなくても分かるはず…
という訳でHelltaker、さくっと遊べて悪魔的ハーレムを築けちゃう素晴らしいゲームでした。

(そういやネクロダンサー途中で積んでたわぁ…)

久々のNintendo Direct

来たぞー!

割と直前に告知があった久しぶりのNintendo Direct。
最近は起床時刻が7時を超えてしまうことがあるので、昨晩は絶対に起きるぞと言い聞かせて眠りにつきました。後からでも見れるとはいえ、こういうのはリアルタイムで楽しみたい。Twitterのトレンドとかでネタバレ食らったりしますし。
因みに今朝は4時半に目が覚めて6時までずっと布団でソワソワしていました。もうちょっと丁度よく起きたかった…!

ともあれNintendo Direct、一番インパクトが大きかったのはやはりラストを飾ったSplatoon 3ではないでしょうか。
アプデが終了して落ち着いたとはいえスプラ2もまだまだ健在ですから、Switchで3は出ないかも…と思っていました。それだけに喜びと驚きが大きいです。

動画の中だけでもいくつか新しい要素を確認できましたが、個人的にはキャラの見た目の幅が少し広がっているのが嬉しいですね。キャラカスタム大好きマンなので。
あとは2で不便だった部分が解消されると嬉しいのですが、その辺のシステム周りの情報が入るのはまだまだ先になりそうです。発売が2022年予定だしね…
という訳で、まだしばらくは2のお世話になりそうです。実は最近ちょいちょい起動して遊んでおります。

あとは任天堂からはマリオゴルフの新作やゼルダの伝説スカイウォードソードHDなどがありましたね。
スカイウォードソードは遊びたいなって時期が以前あったのですが、ハードを買うつもりがなくて動画で結構見ちゃったのが今更ながらちょっと勿体なかったですね。まぁどちらにせよデータが消えて積んでいるBotWのクリアが先ですが…
マリオゴルフは買っても家族とちょろっと遊んで終わりそうなのでたぶん見送りますが、それはそれとして一斉に打って走り出す絵面が面白かったです。

あとはマリオゴルフ以外にもmiiを利用したゲームがありましたね。
mii関連で常々思うのは、あれがこう、もっといい感じにキャラクターが作れたらなぁ…と。キャラカスタム大好きマンなので…
既存の他ゲームとの兼ね合いもあるので厳しいでしょうが、一般的なSDキャラが作れるくらいのシステムだったらミートピアなども飛びついていただろうなぁと思います。今からでも拡張されないだろうか…

そんな感じで、有名どころに軽く触れるくらいの浅いNintendo Direct感想でした。
個人的にSwtich限定で興味を惹かれるものがそんなになかったので、とにかく最後にスプラ3があってよかったです。それにしても移植の8DXしか出ていないマリオカートよりも先にスプラの新作が発表されるとは…いやまぁマリオカートも色々出てはいるんだけども…次のDirectでは発表されたらいいね…

Slay the Spire なんか勝った

ウィッチャー君、なぜかあっさり真クリア。アイアンクラッドェ…

前回から引き続き心臓撃破の旅。最後のウィッチャーも1回目の挑戦でクリアとなりました。
道中からしてカツカツだったし、3層突破時点でも明確なつよつよコンボが完成した訳でもなかったのですが、なんというか普通にカードを切っていって順当に勝ちました。
強いて挙げれば制定と瞑想、刻一刻あたりがよく活躍したと思います。終盤に制定を引けてそこから保留軸に寄せられたのが救いでした。あと最序盤でアタックアプグレ卵を引けたのでデッキパワーが自体が高めだったのもあるかも。

そしてこれにて各キャラの心臓撃破は完了。
結局一番苦戦したのはアイアンクラッドでしたが、今もう一度挑んだら他のクラス同様あっさり突破出来るのでは…?という期待があるので次はまたアイクラでやろうと思います。
そんな感じで使用キャラをぐるぐる回しつつ、アセンションレベルをじわじわ上げていきたいですね。まずはレベル10を目標に。あとデッキ5枚クリアやアタック不使用クリアなども気が向いた時に挑戦してみるつもりです。20分以内クリアとかはちょっと自力で出来る気がしないけど…!

Slay the Spire カードブンブン丸

少しぶりのSlay the Spire。
前回、アイアンクラッドで心臓を倒したのでそのまま他のクラスでも真エンドに挑戦してきました。
最初は様子見感覚で始めたのですが、アイアンクラッドでの苦戦が嘘のようにサイレント1回、ディフェクト2回で心臓撃破となりました。

サイレントは大量のドローソースとバレットタイム2枚で毎ターン手札のコストを踏み倒すつよつよムーブでクリア。さらにシークレットテクニックと瓶詰の雷で戦闘開始直後から好きなスキルを引っ張ってこれるという安定感のオマケ付き。
ディフェクトは反響化3枚とミイラの手を筆頭としたパワーガン積みデッキで、画像の通りひたすらバフを積みまくって後は適当に回してれば勝つデッキになってました。1ターンにカード25枚使用する実績もこの周回で達成。
因みに3層のボスはどちらも手数が多いと不利になるタイムイーター君でした。なぜ…

ディフェクトは序盤の引きが微妙で「これ心臓無理かなー…」と思いながら進めていたのですが、反響化が2枚手に入り、安定して使えるようになってからはゲームが変わりましたね。心臓踏破した3クラスの中でもパワーが段違いでした。文字通り。
プレイしていて楽しかった&安定感があったのはサイレントで、毒デバフ&豊富な手数やドロー辺りが自分の性に合っているようです。初見時もサイレントが一番快適でしたね。

ともあれ3クラスで真クリアを達成したので、残すはウォッチャーのみとなりました。
ウォッチャーはなー…基本システムが結構トリッキーなので慣れるまで何度か死にそうな予感がしております。ここまでの挑戦で敵のギミックやカードの選び方に対する理解が少しは進んだはずなので、アイアンクラッドほどは死なない、はず…
そしてウォッチャーの心臓撃破が終わったら、あとは気ままにアセンションのレベルを上げて遊んでいこうと思っています。レベル20を登頂する日は果たして来るのだろうか…