ポケモン剣盾どうするかで揺れている

ポケモン新作、様子を見ると書いたもののやっぱり発売日に買って遊んだ方が楽しめるよなぁと思いつつ、公式の新情報を調べていたらリーク情報まで目に入ってしまったんだぜ。やっちまったぜ。
そして本能的に嫌悪感を覚えるモンスターのデザインに極めてなにか生命に対する侮辱を感じたんだぜ…!

まぁ、発売してもいないゲームの、真偽不明の情報についてあれこれ書くのはよくないのでこの辺にしておきましょう。
そもそも記事にするなよという話ですが、あまりの衝撃に書かずにはいられませんでした。感情を吐き出すのも大事!
ともかく予約するという選択肢は一旦保留し、今は杞憂であることを願っています。嘘であれ!

ポケモン剣盾どうしようかな

日常生活での話題が乏しすぎてYoutubeのゲーム紹介映像貼るだけマンと化してしまっている…

という訳で、今日はポケットモンスター ソード・シールドの映像です。
ポケモンは金(古い方)くらいしかしっかり遊んだことがなくて、ピカブイが発売された時には購入も考えたんですが…バージョン違いやらミュウの限定商法やらで「うーん、じゃあ別にいいかなぁ」となって買うのをやめた記憶があります。
ポケモンは図鑑コンプ欲の強い私には中々大変なゲームで…今はネット通信でなんとかなったりするんでしょうか。科学の力ってすげー?

バージョンによって異なるジムリーダーも存在するということで、キャラデザが素敵なサイトウさんが出るソードの方が売れそうですね。私も買うならソードかな!
まぁ正直そんなに違いが無いなら1本のソフトにまとめてくれよとは思うのですが。とはいえシリーズの伝統ですし、何より売上的においしいので無くなることはないでしょうね。

例によって惹かれたのが着せ替え要素です、はい。本当これがあるだけで欲しくなるから困る。カスタマイズの幅もそこそこ広そうなのもグッド。
映像を見た限りでは「図鑑コンプに囚われなければ楽しめそうだなぁ」という所感で、購入するかすまいかで揺れている所です。発売後の評価を見てから決めることになりそう。

それにしても、興味はあるけど踏ん切りがつかない、みたいなゲームが多いな我ながら…

デーデレデー

これまた日を跨いだ話題ですが、Overwatch2が発表されましたね。
Overwatchはリリース前から結構楽しみにしていて、発売後に購入、その後はランクマ実装後まで遊んでおりました。主にD.Vaちゃんとメーイちゃーん、それとサポート系をよく使っていましたね。
もう長いこと起動していませんが、Overwatchはムービーやストーリーの完成度が高いのでトレイラーは今でもたまに見たりしています。

これまでPvPがメインだったOverwatchですが、2ではストーリーや協力ミッションなどのPvE要素も加わるようですね。
実際プレイ当時「ストーリーもっと見たい!」とか「対人戦ばかりで疲れるな…」という気持ちがあったのでこれは嬉しい追加要素じゃないでしょうか。まぁ、co-opはco-opで味方に気を使ったりするんですけど!

すっかりソロゲーの気楽さに落ち着いた身なので買うかどうかは微妙ですが、今後も続報は追っていきたいと思います。

ハロウィン終わったけれども

そういえばルイージマンション3が発売されましたね。
おばけゲームに因んで10月31日、つまりハロウィンの発売だったので既に2日遅れのお話ですが…

ルイージマンションシリーズは1を動画で視聴、2は動画も見ておらずで、3も特にやろうと思っていたわけでは無いのですが、任天堂の公式動画でよゐこのお二人が楽しそうに遊んでいるのを見て少しやりたくなりました。動画の影響力ってすごい。
ホラー耐性皆無の私でも、このくらいファミリー向けのゲームならビビらずに遊べそうですね。たぶん。
というか普通のゲームを装って唐突にホラー要素ぶっこんでくる方が怖い。ペーパーマリオRPGとか。直近だとルンファク4SPの黒曜館とか。いや普通のホラーも怖いけども。

ともあれしばらくはレビューやら動画やらをチラ見して過ごすことになりそうです。
こういう時「一緒にやろうぜ!」と背中を押してくれる友人がいればなぁ、ハハッ。トリックオアフレンド…

DAEMON X MACHINA 体験版やったよ

結構前の話なんですが、DAEMON X MACHINAの体験版を遊びました。
メカ系統全般に心を躍らせるタイプではないので買う予定も無かったんですが、動画でキャラクターエディットの存在を知ってやりたくなりました。キャラクターエディットやカスタマイズ、大好きなんですよ…
ロボットが主役のゲームで主人公の容姿をいじれるなんて良い時代になったものです。

エディット要素は頭部が中心で、顔は複数用意されているフェイスタイプから選ぶ感じでした。
リアル寄りのデザインなのでこれで美少女美少年100人作るぜーみたいなのはちょっと厳しそうですが(いや流石にそれは別のゲーム遊べよという話ですが)、美形に拘らなければ結構色々作れそうです。
何より自分で設定した主人公というのは愛着が湧きますし、感情移入もしやすくなるので好きですね。

操作は思ったより分かりやすくてミッション数回でそれなりに動かせました。メカでぎゅんぎゅん空を飛ぶのも中々楽しい。
逆に武器などの兵装周りは結構複雑そうで、システムを理解していれば機体の構成をあれこれ考える楽しみもありそうですね。体験版では最後まで適当に装備をつけて戦ってましたが…

よく印象に残っているのは初出撃かなんかで主人公が機体に乗り込んでガシャコーンとやって発進するようなシーン。凄くうろ覚えですがあれはメカ属性のない私でもグッと来ました。かっこいい!
ストーリーも個性的な登場人物と先の読めない展開で続きが遊びたくなる体験版でした。
身体が闘争を求めた際にはこのゲームを買うかもしれません。